脂腺嚢腫とは

脂腺嚢腫とは、全身(特に腋窩,前胸部,上肢などに好発)に正常皮膚色から淡黄色あるいは淡青色調の半球状に隆起した嚢腫を多発する、比較的稀な疾患のことです。
本ページにて、治療法や手術方法、治療料金などについてご説明しております。

本ページの目次

脂腺嚢腫の原因

嚢腫は脂腺(皮膚の表面に皮脂を分泌する腺)開口部に見られます。

単発では非伝性ですが、多発脂腺嚢腫には常染色体優性遺伝(K17遺伝子異常)を伴うものもあります。

脂腺嚢腫の症状

好発部位は、前胸部、腋窩、頸項部などです。

皮膚色や淡黄色の半球状に隆起した腫瘍で、集簇(しゅうぞく)性があり多発する傾向にあります。

一般的には無症状ですが、嚢腫壁が破綻して炎症を起こすと腫れや痛みを伴います。

粉瘤と似ていますが、臍がなく多発していることが鑑別となります。

脂腺嚢腫の治療方法

外科的摘出術が行われます。

そのほかには穿刺による内容物除去もありますが、嚢腫を摘出しなければ再発します。

脂腺嚢腫の手術費用

脂腺嚢腫の治療料金_pc

脂腺嚢腫の治療料金_sp

トップへ戻る