肩は脂肪腫の好発部位。一般的な診察から手術の流れを実例でご紹介(画像あり)

今回は肩にできた脂肪腫について、ご紹介します。

画像を交えながら、来院から、手術内容、術後ケアまで、詳しくお伝えいたします。

治療の参考にしていただければ幸いです。

なお、今回ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

肩にできたできものが気になるとご来院

50代男性、肩にできたできものが気になり、ご来院。

知人の方に、脂肪腫を当院で治療された方がいたそうで、たぶん脂肪腫だろうから診てもらったほうが良いと言われいつか行こうと考えていたそうです。

3年くらい前から気になってはいたものの、痛みはなかったため病院には行かなかったそうです。

しかし、1年前くらいから、ふくらみが大きくなったのが服の上からでもわかるようになりインターネットで当院を見つけ、ご来院されたそうです。

肩にポッコリとできた脂肪腫

今回の患者様は、肩にぽっこりと、柔らかいできものが出来ていました。

大きさとしては3センチ程です。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)1

脂肪腫の症状として、痛みを感じない症例のほうが多くあります。

痛みを感じないため、すぐに治療に行こうと思わない患者様が多くいらっしゃいます。

また、大きくなるまでに数年かかることがあるため、悪い腫瘍ではなさそうだと治療を先延ばしにされる患者様もいらっしゃいます

しかしながら、脂肪腫は自然には治りません。

時間が経つにつれ、ゆっくりですがだんだんと大きくなります

傷跡を小さく済ませるためにも、早めの治療をお勧めします。

脂肪腫とは何? 脂肪の塊です!

体に、しこりができたとして「あ、これは脂肪腫だ」などと分かる人などほとんどいません。

大体の方が、なんかこぶみたいのができたなと思うくらいです

そもそも脂肪腫とは何なのでしょうか??

脂肪腫とは体にできる、ぽっこりとふくらんだやわらかいしこりのようなもの

中身は脂肪のかたまりです。良性の腫瘍で、通常は痛みもありません。

そしてこれは誰にでも、また体のどこにでもできる可能性があります。

皮膚との癒着はなく、多くみられる一般的なできものです。

よく、粉瘤・アテロームと混同されることもあります

皮膚は上から表皮・真皮・皮下脂肪組織があり、さらにその下に筋肉や骨がありますが、ほとんどの脂肪腫は皮下脂肪の層に発生します。

幼少のころに発生し、だんだんと何年もかけてい大きくなる場合が多いとされています。

通常痛みが生じません。

しかし、場所によっては神経を圧迫し、痛みを伴うこともあるため注意が必要です

※ご参考:脂肪腫(リポーマ)とは

肩にできる脂肪腫は好発部位?できやすい場所は?

今回の患者様は、肩に脂肪腫が認められました。

実は、肩は脂肪腫の好発部位と言われています

基本的に脂肪腫は身体のどこにでもできますが、できやすい部位は首、肩、背中。

次いで大腿や下腿、臀部(おしり)などです。

顔面、頭皮、下腿、足などは比較的まれです。

大きさも様々で、直径1センチメートル程度の小さなものから、直径10センチメートル以上の症例もあります。

稀に、複数できることもあります

脂肪腫の診察・鑑別(判断基準)について

脂肪腫によく間違われる疾患は大きく分けて4つあります。

  • ガングリオン
  • 粉瘤(アテローム)
  • 滑液包炎(かつえきほうえん)
  • 神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)

なお、「軟部腫瘍」とは、軟部組織 (臓器や骨組織以外の組織)に発生する腫瘍の総称をさします。

脂肪腫も軟部腫瘍の疾患の1つです

これらは非腫瘍性、腫瘍性といった違いはありますが、いずれも良性の腫瘍です。

それぞれ、よく間違われますが、いろいろな症状が少しずつ違っております。

できる場所、痛み、皮膚の色、弾力それぞれ異なります。

詳しくはこちらをご覧ください:脂肪腫(リポーマ)と類似する疾患

脂肪腫の診断のために、超音波検査、CT検査、MRI検査などによる画像検査を行い判断していきます。

アイシークリニック新宿院では、患者様に分かりやすく説明をしながら診察していきますのでご安心ください。

アイシークリニックにWebで予約
アイシークリニックに電話で予約(0120-780-194)

肩にできた脂肪腫の診察から手術までの流れ

当院での脂肪腫治療は、下記の流れとなります。(日帰り手術前提の流れとなります)

①初診

まず当院医師の診察後、画像検査専門の提携医療機関でのMRI検査を予約していただきます

※検査は後日となりますが、予約制で迅速に手配可能です。

※手術日もあわせてご予約いただけます。

②MRI検査

提携医療機関でMRI検査を受診していただきます。

※データは当院へ転送されます。

※検査はおおよそ時間通りに終了しますので、仕事の合間などに検査に行かれる方も多くいらっしゃいます。

③日帰り手術

当院で再診し、手術を行います。

※入院することなく、その日のうちにお帰りいただけます。

提携機関の所在地は都心部を中心に20箇所以上

画像検査ができる提携機関は、主要駅に20箇所所在しております。

患者様のご都合に合わせ、ご希望の場所をご案内させていただきます。

肩に出来た脂肪腫の手術の様子

それでは画像を交えながら脂肪腫手術の流れをご説明いたします。

①該当箇所へのマーキング

まず脂肪腫がある部分にマーキングをします。

形成外科専門の医師が皮膚切開のデザインは最小であるよう徹底的にこだわります

手術後の傷跡をなるべく小さくするためです。

切開はできものの3分の2くらいの長さになります。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)2

②麻酔注射と切開

次に麻酔の注射をし、脂肪腫の直上の皮膚を切開します。

麻酔が苦手な方も多いと思いますが、どうぞご安心ください。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)3

アイシークリニック新宿院では、麻酔の痛みを最小限に抑えるために極細の針を用いております

麻酔も数分で効いてきます。

③腫瘍の摘出

腫瘍を摘出します。

指とピンセットを臨機応変に扱いながら、取り残しがないように、優しく摘出していきます。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)4

④止血と縫合

できものを取り除いた部分は空洞になり血が溜まり易いので、しっかり止血を行い、縫合を行います。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)5

そして、必要に応じ、ドレーンと呼ばれる管を入れ血が溜まらない様にします

ガーゼと伸縮テープで圧迫固定をして終了です。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)6

⑤抜糸

抜糸をします。

縫合方法によっては縫い合わせが露出しないようにすることも可能です

非常に細い糸を使い的確に縫い合わせていきますので、術後の治りも早いです。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)7

術後の傷跡と注意事項

術後の傷跡の様子です。

直後は赤みが目立ちますが、だんだんと引いていきます。

脂肪腫・リポーマの手術症例(肩・50代男性・20180126)8

当日、翌日ぐらいまで痛みがありますが、すぐに痛みも引いていきます。

痛み止めの内服薬を処方したします。

飲酒・運動については、少なくとも3日から1週間は飲酒しないほうが好ましいです。

飲酒すると明らかに傷の治りが悪くなってしまいます。

また、出血の可能性があるため、手術当日・翌日の運動は控えていただきたいと考えております。それ以降は普段通りでかまいません。

入浴については、手術部位、傷の大きさにもよりますが、縫合したときは翌日からシャワーを許可しています

術後1週間後の様子

1週間ほど経つと赤みも引いてきました。

一か月後には傷跡も目立たなくなります。

抜糸時期は部位や大きさにもよりますが、手術後7~14日が目安です。

患者様の多くは、手術後の傷跡を気にされる方が多くいらっしゃいます。

肩などの、服を着れば目立たない部分でも、肌に傷跡が残るとなれば気になって当たり前です

手術後の仕上がりの美しさに徹底的にこだわるのが、アイシークリニックの大きな特徴の一つです。

多くの患者様から、傷跡が目立たずきれいだという言葉をいただき、大変うれしく思っています。

脂肪腫手術はアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院は東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

職場が新宿という方以外にもアクセスのしやすさから東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。

また先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

脂肪腫でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る