院長ご挨拶

アイシークリニック新宿院院長ご挨拶

氷見 祐二 医師

当院は2017年に医療法人社団鉄結会アイシークリニック新宿院として発足しました。新宿南口から徒歩3分の立地で、日本形成外科学会形成外科専門医、指導医などの医師達が、チーム医療で皮膚まわりの日帰り手術を保険診療で行っております。粉瘤や脂肪腫などの皮膚良性腫瘍、眼瞼下垂症などの日帰り手術を、開院以来1万件以上実施して参りました。今後も、近隣の医療機関の皆様との連携を通じて、地域の患者様に対してより良い医療を提供できるよう努力していく所存です。 アイシークリニック新宿院院長 氷見祐二

アイシークリニック新宿院院長

氷見 祐二 医師

略歴

  • 1996年 金沢大学医学部医学科卒業、金沢大学附属病院勤務
  • 2001年 金沢医科大学病院形成外科勤務
  • 2004年 金沢医科大学形成外科助教
  • 2013年 金沢医科大学大学院医学研究科修了、富山県立中央病院形成外科部長
  • 2018年12月よりアイシークリニック新宿院院長就任
  • 日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士

論文

  • 頬骨弓単独骨折整復における,術中超音波エコーの有用性について(原著論文/症例報告)

    氷見 祐二, 森本 弥生

    日本頭蓋顎顔面外科学会誌 (2433-7838)33巻1号 Page16-22(2017.03)

  • リンパ漏を伴う難治性潰瘍に対する局所陰圧閉鎖療法の使用経験(原著論文/症例報告)

    牧本和彦, 氷見祐二, 島田賢一 

    日本形成外科学会誌(0389-4703)36巻2号 Page315-320(2016.07)

  • 総腓骨神経麻痺を合併した下肢熱圧挫損傷の治療経験(原著論文/症例報告)

    森本 弥生, 氷見 祐二, 池田 憲一, 川上 重彦 

    熱傷 (0285-113X)41巻1号 Page49-53(2015.03)

  • ヒト耳介軟骨膜細胞におけるアクアポリン1の発現と機能に関する研究(原著論文)

    氷見 祐二(金沢医科大学 医学部機能再建外科学) 

    金沢医科大学雑誌 (0385-5759)38巻1号 Page9-19(2013.03)

  • 側頭部の膨隆を主訴として受診した非ホジキンリンパ腫の2例(原著論文/症例報告)

    氷見 祐二, 山下 昌信, 島田 賢一, 川上 重彦

    日本形成外科学会会誌 (0389-4703)27巻5号 Page386-389(2007.05)

  • 脊髄髄膜瘤の2症例(原著論文/症例報告)

    氷見 祐二, 篠川 靖夫, 赤羽 紀子, 本道 洋昭

    富山県立中央病院医学雑誌 (0386-8338)27巻3~4 Page62-65(2004.09)

  • 臀部慢性膿皮症13例の検討 特に合併症について(原著論文)

    赤羽 紀子, 篠川 靖夫, 氷見 祐二

    日本形成外科学会会誌 (0389-4703)25巻11号 Page732-738(2005.11)

  • 基底細胞癌130症例の検討 特に多発例と再発例について(原著論文)

    赤羽 紀子, 氷見 祐二, 三輪 淳夫

    日本形成外科学会会誌 (0389-4703)25巻2号 Page89-95(2005.02)

  • 顔面正中部のKlebsiellaによるガス壊疽の1例(原著論文/症例報告)

    赤羽 紀子, 氷見 祐二, 鍛冶 友昭

    形成外科 (0021-5228)47巻10号 Page1111-1116(2004.10)

  • 石灰化上皮腫301例の検討と家族内発生例(原著論文)

    赤羽 紀子, 氷見 祐二, 池野 由佳

    日本形成外科学会会誌 (0389-4703)24巻2号 Page90-94(2004.02)

  • Respiratory epithelial adenomatoid hamartoma of the maxillary sinus.

    Himi Y, Yoshizaki T, Sato K, Furukawa M.

    J Laryngol Otol. 2002 Apr;116(4):317-8. Review.

  • Malignant myoepithelioma arising from recurrent pleomorphic adenoma of minor salivary gland.

    Yoshizaki T, Himi Y, Minato H, Ogawa I, Nikai H, Furukawa M.

    Auris Nasus Larynx. 2002 Jan;29(1):91-4.

研究費助成

  • 平成23年度科学研究費助成事業交付
    挑戦的萌芽研究 ヒト耳介弾性軟骨細胞の三次元形態形成に関わるアクアポリン分子種の同定
  • 平成25年度金沢医科大学アシストKAKEN
    アクアポリン 1 を強発現したヒト耳介軟骨膜細胞を供給 源とした三次元培養法の確立

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本創傷外科学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本再生医療学会

アイシークリニック渋谷院院長ご挨拶

当院は、アイシークリニック新宿院の患者様の声から、東横線沿線や京王井の頭線沿線にお勤め・お住まいといった渋谷にアクセスしやすい患者様に、形成外科の保険診療日帰り手術を中心とした医療を提供すべく、渋谷駅新南口すぐのところに2018年8月より開院しました。新宿院同様、日本形成外科学会形成外科専門医、指導医などの医師達を中心としたチーム医療にて、最小限の傷跡で痛みに配慮した治療を目指しております。土日祝日も毎日診療しております。 アイシークリニック渋谷院院長 佐藤昌樹

アイシークリニック渋谷院院長

佐藤 昌樹 医師

略歴

  • 2010年 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 2012年 東京逓信病院初期臨床研修医修了、東京大学医学部付属病院勤務、東京逓信病院勤務
  • 2013年 独立行政法人労働者健康安全機構横浜労災病院勤務
  • 2014年 国立研究開発法人国立国際医療研究センター勤務
  • 2016年 医療法人社団鉄結会勤務
  • 2018年 アイシークリニック渋谷院院長就任

医療法人社団鉄結会のご紹介

当法人は、形成外科領域の保険診療の日帰り手術を中心とした医療を提供すべく、2016年に志を同じくする医師たちによって設立されました。
「鉄結会」の法人名の由来は、まず、アイシークリニック新宿院前院長が卒業した東京大学医学部への感謝と敬意を込めて、東京大学医学部同窓会組織である「鉄門倶楽部」の「鉄」の字を拝借させていただくことになりました。また、「結」の字は、当法人の目指す医療への思いに共感する医師たちの結びつき、必要な医療を探す患者様との結びつき、我々と地域の医療機関様との医療連携としての結びつき、という3つの結びつきを表しております。「鉄」と「結」の字を合わせて「医療法人社団 鉄結会(いりょうほうじんしゃだん てつゆうかい)」と命名されました。
設立以降、2017年アイシークリニック新宿院、2018年にはアイシークリニック渋谷院を開院することで、地域の皆様に形成外科領域の保険診療の日帰り手術を中心とした医療の提供を進めております。

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院
お電話での予約はこちらから
トップへ戻る