耳垂裂手術について

耳垂裂(じすいれつ)の手術に関する解説ページです。
耳垂裂の治療法って?」「耳垂裂の手術にはどのような方法があるの?」「耳垂裂の手術の流れ、術後経過はどんなもの?」といった疑問をお持ちの方は、是非本ページをご参考ください。

※ご来院をご希望の方は、お電話(0120-780-194)もしくはお問い合わせフォームよりご予約いただきますようよろしくお願いいたします。」

本ページの目次

耳垂(耳たぶ)の形成術は、一般的に難度が高い

耳たぶは耳介(じかい)のなかでも毛髪に隠れにくいため、変形が目立ちやすい部分です。
そのため、傷を目立ちにくくするよう、治療は丁寧で正確な技術によって慎重に行う必要があります。

耳垂裂の形成術には陥凹(かんおう)やノッチ(切れ込みやくぼみ)を作らないように様々な工夫がなされています。
特に先天性耳垂裂は多様な形態を呈するため、分類法や治療法も様々な報告がなされています。

耳垂(耳たぶ)の形成術 ~3つの方法~

耳垂裂の治療方法は大きく分けて以下の3つです。

①直線法

耳垂裂・切れ耳・ピアス穴の裂けた部分に沿って皮膚を切り再び縫い合わせる方法です。

切除する面積が小さいため、耳たぶが小さくなりにくく、左右差が出にくいのが特徴です。

この手術方法の利点としては、短時間での手術を目指すことができる方法であるとともに、切除する面積が少ないため耳たぶが小さくなりにくく、左右差が出にくいことです。

一方、注意点としては、時間の経過とともに傷跡が縮むことでおしりのようなくびれができてしまい、仕上がりが美しくない場合があることが挙げられます。

耳垂裂の手術1_直線法の画像

②Z形成術

形成外科では多く用いられる形成術の一つです。

線状の傷による引きつれ(瘢痕拘縮)が生じた場合に多く用いられます。

図に示したように、まずは傷の両脇に二カ所の切り込みを入れます。
そして三角形の皮膚を各々入れ替えることにより、アルファベットのZの様な傷となり延長効果が出ることからZ形成術と呼ばれます。

耳垂裂の手術2_Z形成術の画像

③W形成術

耳たぶの縁の部分にW字型(実際にはV字型)の傷を作ります。

図のように、線状の傷の両脇に小さなジグザグの切開を行います。
また、傷を切り取り、残ったジグザグとした傷を丁寧に縫い合わせます。

W形成術を行うことで直線の傷は小さなジグザグの傷に変化します。

直線の傷に比べてジグザグの傷は目立ちにくいため、傷跡を目立ちにくくしたい方にはこのような手術をご提案することがあります

耳垂裂の手術3_W形成術の画像

ご参考:耳垂ケロイド・粉瘤(耳の変形、耳のできもの)に関して

ピアスのトラブルは切れ耳だけではありません。ピアスケロイドも耳が変形してしまい問題となります

ケロイドとは、傷や感染、外傷などが治る過程において、炎症の程度が強かったり治りが悪かったりして慢性的な炎症が続くことで、肉芽組織と呼ばれる固いしこりのような組織ができてしまうことです。

例えば、ピアスの穴に感染を起こしたり、長時間ピアスを付け続けたり、耳に負担がかかるような大きなピアスをつけていたりすることでケロイドが出来てしまいます。
また、体質によってケロイドが出来やすい方もいます。

耳ケロイド(ピアスケロイド)の治療には、内服薬や外用薬、注射などによる治療もありますが、改善がない場合は手術による形成術を行う場合があります。

手術を行った部分がさらにケロイドになることもあるため、医療機関に相談をすることが望ましいです。

アイシークリニックの耳垂裂手術

アイシークリニックのこだわり

アイシークリニックでは目立ちにくい傷跡にこだわり、治療を行っています

当院には、目立ちにくい傷跡の実現に必要な下記の特長があります。

  1. 髪の毛よりも細い糸を使用することで、細かく丁寧な縫合が可能
  2. 幅広い手術方法から、医師が最適と思われる方法を選択
  3. 耳介形成の治療が可能な形成外科、皮膚科、整形外科など複数科の医師が所属
  4. 目立ちにくい傷跡だけではなく、痛みの軽減を目指す治療を徹底

耳垂裂・切れ耳の手術の流れ(一例)

以下に、アイシークリニックでの耳垂裂手術の流れを例示いたします。

①手術前は、ぱっくりと耳たぶが裂けてしまっている状態。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて1

②縫い合わせる部分に印をつけます。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて2

③傷口の様子を見て、アイシークリニック新宿院の医師が丁寧に治療いたします。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて3

④手術1週間後の様子。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて4

⑤抜糸後の様子抜糸直後は赤みが残りますが、切れた部分はくっつきます。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて5

⑥傷の赤みは3ヶ月ほど残りますが、次第に薄くなり、段階的に目立ちにくくなっていきます。
※手術後の傷の状況については、個人差があります。

耳垂裂・切れ耳の手術の流れについて6

耳垂裂手術に関するその他情報

耳垂裂の手術時間

患部の状況によって個人差はありますが、約30分程度で終わる手術を目指しております。

当院では、幅広い手術方法から日本形成外科学会認定形成外科専門医のもとで、より良いと思われる手術方法を選択し、傷跡にも細心の注意を払いながら手術を行うよう努めております。

手術時の痛み

当院では極細の針を使用するなど、痛みの軽減を目指した局所麻酔を行っております。

どうしても痛みについてご不安な場合は、個別に対応も可能ですので、お気軽にお声がけください。

手術後の腫れ

手術後の腫れは、約1週間ほど続く場合が多いようです。

浮腫みは1~2週間は気になる場合があります。傷の赤みは3ヶ月ほど残りますが、次第に薄くなり、段階的に目立ちにくくなっていきます。
※手術後の傷の状況については、個人差があります。

ただし、上記は一般例になり、いずれも個人差はあります。

術後の抜糸の時期

一般的に、術後7~14日に行います。

なお、抜糸時の痛みについて、当院では細い糸を使用することで痛みの軽減を目指しております。

手術後の合併症について

手術後の合併症には、下記のようなものがあります。

  1. 埋没した吸収糸の露出:抜糸を行います。
  2. 感染:稀ですが、傷の痛みが続く・発熱や傷の腫れがひかない・傷の熱感がひけない・傷から浸出液が出るなどといった感染の症状が出現した場合は早めに受診してください。抗生剤による治療、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、感染源の摘出が必要となる場合があります。
  3. ケロイド:個人の体質によってはケロイド状になることがあります。その場合はケロイドに対する内服、注射、局所療法などを行います。
  4. 肥厚性瘢痕:傷跡が赤く盛り上がることがあります。必要時クリーム、注射、内服薬治療を行います。
  5. 万が一、必要があれば切除再縫合で改善を図ります。
  6. 血腫:血腫を生じると除去が必要な場合があります。

ただし、上記の合併症が起こる可能性は稀なケースです。

万が一、このような症状が出現した場合は当院で速やかに対応させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る