耳垂裂の手術症例(ピアストラブル・20代女性・2016/8/8)

今回は耳垂裂・切れ耳の症例をご紹介いたします。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

ピアストラブルでご来院の20代女性

今回治療をご希望されました患者様は20代女性。

耳たぶが切れてしまったため治療をご希望とのことでご来院されました。

耳垂裂の手術症例(ピアストラブル・20代男性・201688)1

耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き

早めの治療が大事な耳垂裂

耳垂裂の原因は2つあります。

一つは先天性耳垂裂です。これは生まれつき耳たぶが切れていることです。

もう一つは後天性耳垂裂です。後天性耳垂裂の原因の多くはピアスを長時間使用したことにより耳たぶが裂けてしまうことです。大きく重いピアスにより耳たぶに負担がかかり裂けて切れ耳となってしまうのです。

そのまま治療せず放っておくと傷口から細菌が入り、炎症を起こしてしまう可能性があります。炎症が起こると、耳垂裂の周囲が腫れ上がり、赤くなる恐れもあるのです。

また、耳垂裂は自然に治ることはありません。

耳たぶが切れたまま放置することで細菌が繁殖し化膿を起こすこともあるのですぐに治療することをお勧めします。

医師の診断に応じて日帰り手術が可能な場合もあります。

耳垂裂の手術症例(ピアストラブル・20代男性・201688)2

耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き

症状に合わせ手術を行っていく耳垂裂の治療

手術後の写真です。

耳垂裂の治療方法は3つあります。直線法とZ形成術、W形成術の切開・縫合の方法です。

当院では、患者様のご要望と医師の診断に応じて手術方法をご提案いたします。

耳垂裂の手術症例(ピアストラブル・20代男性・201688)3

耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き

上の写真は2箇所あった耳垂裂の上部を縫合した写真です。

傷跡に配慮して耳垂裂の手術を行います。

傷跡は術後の経過に伴って、次第に目立ちにくくなっていきます。

アイシークリニックの耳垂裂治療

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、チーム体制で皮膚治療を行っております。

また、患者様のご負担を考慮し、手術中の痛みの軽減を目指しており、術後の傷跡にも細心の注意を払い治療を行うようにしております。

ご不安に感じる部分は医師が丁寧に説明いたしますので、粉瘤や耳垂裂、脂肪腫など皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

監修者

  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 東京大学医学部附属病院勤務を経て、2014年10月〜当院治療責任者

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

アイシークリニック
診療予約・お問い合わせ

耳垂裂の料金や副作用、リスクに関する注意書き


カテゴリーから症例紹介を探す



お電話での
予約はこちらから
トップへ戻る