粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・40代女性・2016/11/25)

今回は脇にできた粉瘤治療・手術についてご紹介します。

画像を交えながら、来院から、手術内容、術後ケアまで、わかりやすくお伝えします。

治療の参考にしていただければ幸いです。

なお、今回ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝申し上げます。

腕を動かすたびに痛みを感じる粉瘤の治療

40代女性、脇にできたしこりが気になり受診されました。

半年前くらいから気になり始め、ずっとニキビかなと思っていたそうですが、忙しくてなかなか病院に行けなかったそうです。

インターネットで検索しご来院

そのうちに、少しずつ大きくなっていき、ご相談にこられました。

診察の結果、「粉瘤」でした。

かなり大きく炎症も起こしておりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・40代女性・20161125)1

炎症を起こしている場合は、抗生物質を服用していただき、炎症が治まってから手術をさせていただくこともあります。

患者さまの場合、炎症していたため、抗生物質を服用していただきました。

粉瘤は自然には治りません。放置しておくと炎症を起こします。

気が付いた段階での早期治療が大切な症状です。

一度できてしまった場合には、手術で摘出するしかないのです。

粉瘤治療でご来院される方の中には、「痛みがひどいため我慢できない、すぐに手術をしてほもらえませんか」とおっしゃる方も少なくはありません。

なぜ、そのような状態になるまで放置してしまう方が多いのでしょうか?

粉瘤に関するよくある勘違いには、次の3つのようなものがあります。

<粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える>

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

<粉瘤は自然に治るもの>

病院に行かなくても、そのうち治るだろうと気にしないかたもいらっしゃいます。

しかし、粉瘤は自然には治りません。必ず摘出必要があります。

<粉瘤は自分で潰しても大丈夫>

自分で潰すことは避け、医療機関を受診してください。

ニキビのようなものだろう、気になるからと言って無理に潰したりする方もいらっしゃいます。しかし、無理に潰すと細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

手術となると、傷跡がとても気になるかと思います。特に顔回りなど、目立つところでは、手術跡が残るのであれば、放置しておいたほうがよいかもと考えてしまう方もいらっしゃいます。

アイシークリニック新宿院では粉瘤の手術を専門に行っておりますので、多くの経験と実績がございます。

傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分もたくさんあると思いますが、担当の医師が丁寧にご説明させていただきます。

安心して手術を受けていただける体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

患者様の負担を最小限に考えた粉瘤手術「くり抜き法」

粉瘤は表皮嚢腫・アテロームともいいます。良性の表皮腫瘍の一つです。

当院では日帰り手術をおこなっております。

「くりぬき法」といって切開しないて摘出する方法をおこなっております。

この患者様の場合もくりぬき法で手術を行うことができました。

短時間で痛みの少ない粉瘤手術

当院ではおおよその場合、下記の手順で手術を行います。

①局所麻酔

②くり抜き法を用いた施術

③粉瘤の取出し

④縫合または防水シート

それぞれ詳しく説明していきます。

<極細の針を使用。痛くない局所麻酔>

手術の際、痛みをとても気にされる方が多くいらっしゃいます。当院では手術の際に、局所麻酔を行います。

まずは麻酔を行います。注射が苦手な患者様が大勢いらっしゃいますが、どうぞご安心ください。アイシークリニック新宿院では、極細の針を使用しております。最小限の痛みしか感じません。みなさん、苦痛を感じることなく、注射を終えられていらっしゃいます。

<くり抜き法を用いた、患者様の負担の少ない手術>

次に、手術では専用のトレバンという器具を使います。患部に差し込み穴を開けます。

写真の緑色の器具です。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・40代女性・20161125)2

当院では粉瘤の治療を「切開法」ではなく、患者様の負担の少ない「くり抜き法」という摘出方法で手術をおこなっていきます。

この「くり抜き法」は、切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術として、患者様から大変ご好評いただいてます。

粉瘤を切開した後は、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性をもっています。

したがって、取り残しのないように慎重に行っていきます。

アイシークリニック新宿院の医師は、粉瘤治療においてプロフェッショナルでございますので、どうぞご安心してお任せください。

<術後の傷跡はほとんど目立ちません。アイシークリニックの粉瘤治療>

脇にあったすべての粉瘤を取り出し終えました。

手術前に見られた皮膚のふくらみはなくなり、小さな穴だけの状態になります。

<手術翌日から、シャワーが可能>

粉瘤摘出後は、ワセリンを塗り、防水シートを貼って終了となります。

なお、手術翌日からシャワーをすることは可能です。ただし日常生活の中で、防水シートが剥がれた場合、傷口を清潔に保つために、やさしく洗ってください。

<術後状態確認>

当院では、経過を確認するために、手術後再度ご来院いただくこともございます。

傷跡は、だいたい手術後1週間ほどで目立たなくなります。

傷跡が目立たないという点、患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。

私共も大変嬉しく思っております。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院は東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

職場が新宿という方以外にもアクセスのしやすさからその結果、、東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。
また先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る