粉瘤・アテロームの手術症例(肩・20代女性・2016/11/10)

肩にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

肩にできたしこりをきれいに取る粉瘤手術

今回ご来院されたのは、20代女性の患者様です。肩にできた粉瘤の手術を希望されてご来院されました。

初めは小さなオデキのような感じで痛みはなかったようですが、次第にしこりのようになり、近くの皮膚科を受診されたそうです。

診察の結果、粉瘤と診断されたそうですが、手術は行っていなかったようで、インターネットで当院を探され、受診の運びとなったとのことでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(肩・20代女性・20161110)1

手術がなかなかできないと言って当院に来られる方が多くいらっしゃいます。

当院では粉瘤を専門に手術を行っておりますので、比較的直近での予約も取りやすくなっているかと思います。

仕事の合間のお時間でも手術は可能となっておりますので、お忙しくてなかなか手術を行えないような場合でも、お気軽にお問い合わせください。

自然治癒しないのが粉瘤

粉瘤は自然に治るものではなく、手術にて摘出する必要があります。

そのままにしておくと次第に大きくなり、炎症をおこす場合があります。

早期治療が必要な場合もありますので、気になる症状がありましたら、お気軽にご来院ください。

当院では数多くの粉瘤の治療を行っております。

手術に関して不安に感じることなどありましたら、その場でしっかりとご説明させていただいております。

短時間で負担の少ない粉瘤手術

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなくくりぬき法を採用しております。

患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療を行っております。

今回も局所麻酔をした上でくり抜き法を行いました。
麻酔針も極細のものを使用しておりますので、麻酔時の痛みも最小です。

手術はトレバンという特殊器具を用いてオペを行います。

トレバンによる切開の後、粉瘤の袋から角質が出てきます。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

術後の傷痕も最小限に

次の写真から、傷跡が小さく済んでいるのがわかるかと思います。

縫合の必要もありませんでしたので、保護シートを貼って終了です。

粉瘤・アテロームの手術症例(肩・20代女性・20161110)2

手術当日からシャワーも可能となっております。術後1-2週間で傷痕がほとんどわからなくなるケースがほとんどです。

こちらの患者様も再診にご来院された際には、傷痕もすっかり治り、安心して帰宅されました。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る