粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・30代男性・2016/10/11)

今回は脇の下にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

ポッコリ大きくなってきてる粉瘤

今回の患者様は、数か月前から脇の下に気になるしこりがあったそうです。

少し膨らんでおり、大きくなっていることがわかります。

最初はたいして気にならなかったそうですが、徐々に腕を動かすたびにしこりが気になるようになり、少し痛みも感じるようになってきたため受診されました。

診察の結果、粉瘤であることがわかりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・30代男性・20161011)1

すぐに手術を希望されました。

大きくはなってきていますが、炎症はあまり起こっていないようでしたので、診察当日に日帰り手術を実施させていただきました。

粉瘤は自然治癒はしないため、手術で摘出する必要があります。

オデキやニキビと勘違いされることも多く、早期の受診がしにくいのですが、そのままにしておくと大きく炎症をおこすこともあるので、気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

手術までの流れ

診察の際、化膿している場合は、まず抗生物質を処方し、1週間ほどお飲みいただく場合もあります。その後、再度ご来院いただき、化膿が治まっていると判断した後に、手術をさせていただくこともあります。

手術は日帰りで行うことができます。

手術は局所麻酔を行うため痛みは全くありませんのでご安心ください。

また、手術自体は15分程度で終了します。

アイシークリニック新宿院では東京大学出身の医師たちが担当いたします。多くの症例を治療してきた医師だからこそ的確で丁寧な治療をご提供いたします。

くり抜き法を用いた粉瘤手術

粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・30代男性・20161011)2

可能な限り傷跡を最小限にするため、「くりぬき法」という方法で粉瘤を摘出していきます。

この「くりぬき法」は皮膚を切開しないため、早期治癒ができるメリットのほかに、傷痕を目立たなくすることが可能なのです。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇下・30代男性・20161011)3

上の写真は、粉瘤摘出直後の様子です。

ピンセットで取り残しのないように慎重に行います。

粉瘤は少しでも残っているとそこから再発する可能性が大きくなってしまうため、丁寧な作業が必要となります。

術後は、 約1週間後に再度、傷跡のチェックで来院していただきます。

その頃には傷跡も目立たなくなっています。患者様も大変喜ばれておりました。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院は新宿駅より徒歩3分の場所にあるためアクセスの良さからも多くの方にご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤のほかにも、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る