粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016/11/15)

後頸部にできた粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)の手術でした。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

首の後ろにできたしこりのような粉瘤

30代男性の患者様。後頸部にできた粉瘤の手術をご希望されてのご来院でした。

すでにご自宅近くの皮膚科にて粉瘤の診断を受けており、即手術をご希望でした。

こちらの患者様のように、手術ができる病院があまりないため、診察、手術と別の病院に行かなければならなかったという方が多くご来院されます。

手術のみのご来院でももちろん丁寧に対応させていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・20161115)1

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然に治癒することはありません。摘出手術を必要とします。そのままにしておくと、次第に大きくなり炎症を起こすこともあります。

患者様の場合、早期の状態でしたので、すぐに手術にて摘出させていただくことになりました。

大きくなって炎症を起こしていたりすると、一度薬を服用していただき、炎症を抑えてから後日あらためて手術をさせていただく場合があります。

また、大きくなるほど、傷口も大きくなっていってしまう可能性もありますので、気になる症状がありましたら、早めの受診をお勧めいたします。

患者様の場合は炎症の具合も小さかったため当日に手術が可能でしたが、炎症がひどい場合は、一度抗生物質を服用していただき、炎症が治まってから手術を行わせていただくこともあります。

くり抜き法という粉瘤治療

当院では粉瘤の治療を切開法ではなく、「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく行える摘出方法です。そのため患者様への負担を最小限にすることができます。

また、手術前に局所麻酔を使用することで痛みをまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

難しい部位でも傷痕を最小限にできる当院の技術

専用のトレバンという器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。この際、麻酔が効いているため痛みはまったくありません。ご安心ください。

トレバンにて切開したあと、粉瘤を取り残しのないように慎重に取り除いていきます。ここで取り残しが少しでもあると、再び粉瘤ができる可能性があるためです。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・20161115)2

術後は、傷跡も小さいため、縫合の必要はありませんでした。保護シートを貼って終了です。

1週間後に、経過観察のため再度来院していただきます。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院では表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多く行っております。顔や首、耳など治療が難しい箇所にできた粉瘤も傷跡を最小限にする方法で治療ができます。

また、アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る