粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・2016/10/16)

今回は耳の裏側の頸部にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

耳の裏に大きく膨らんでしまっている粉瘤

今回は30代男性の患者様。耳の裏のしこりが大きく膨らんで治らないとご相談いただきました。

アイシークリニック新宿院では問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行います。

診察する粉瘤であることがわかりました。

初めは小さなしこりのようなものだったそうです。虫に刺されたか、ニキビのようなものかと思っていたそうです。

数週間経っても治らず、逆にどんどん大きくなっていき、市販の塗り薬を使ったけれども一向に症状は変わらなく不安になりご来院されました。

粉瘤は自然に治るものではありません。

そのままにして摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こします。

そのため早期発見・治療が必要になります。

担当医より手術について詳しく説明したあと、ご希望に手術を行うことになりました。

患者様は当日に手術可能でしたが、症状がすすみ、炎症が見られる場合は、抗生剤を数日間内服してもらい炎症を抑えてから手術する場合もあります。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・20161016)1

日帰り粉瘤手術

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っております。手術自体は15分程度で終わります。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出していきます。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕も最小化

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。トレバンという特殊な具を用いて切開し、粉瘤を取り出します。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますがくりぬき法で摘出が可能です。

切開をしないため傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・20161016)2

粉瘤取り出し直後の状態の写真です。傷口もとても小さく済んでいることがわかるかと思います。

傷の大きさによっては縫合の必要がない場合も多々あります。

今回も縫合はせず保護シートを貼り終了となります。創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

くりぬき法は短期間で治癒が望め、綺麗に治りやすいのです。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る