粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・20代女性・2016/10/16)

今回は首にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

ニキビと間違いやすい粉瘤

20代女性の患者様です。首の後ろ・背中に近い部分に数か月ほど前からニキビのようなものが出来たが、治らないとご相談いただきました。

アイシークリニック新宿院では問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行います。

診察の結果、ニキビではなく粉瘤だったため、即手術の対応となりました。

症状により炎症が見られる場合には、抗生剤を数日間内服後、手術となる場合もあります。

粉瘤は自然に治るものではありません。

早期に摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こすため、早期発見・治療が必要になります。

気になる症状がありましたら、早めの受診をお勧めいたします。

患者様の場合、外観の気になる部分であったため、手術の傷跡をとても気にされておりました。

当院は数多くの粉瘤の手術を行ってきている経験があります。

不安な点などは、医師からしっかりとご説明させていただきますので、安心して手術を受けていただけます。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・20代女性・20161016)1

傷跡の気になる場所でも安心して受けていただける粉瘤手術

はじめに局部麻酔を行います。手術中の痛みはありません。

麻酔の際も、極細の麻酔針を使用しておりますので、顔や首など不安を感じるような部分でも痛みも最小限となっております。

麻酔がきちんと効いていることを確認し、手術に入ります。

トレバンという専用の器具を用いて摘出手術を行っていきます。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕も最小化

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますがくりぬき法で摘出が可能です。

切開をしないため傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・20代女性・20161016)2

手術後は1週間ほどで創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

くりぬき法は短期間で治癒が望め、綺麗に治りやすいのです。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る