粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・2016/11/19)

頬にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

ニキビかと思っていたのにどんどん大きくなってしまった!痛みもある粉瘤

今回、治療をご希望されたのは40代男性の患者様です。

数か月前から頬にニキビのようなものができていたそうです。

痛みやかゆみもなかったことから、特に気にすることもなくそのままにしていたところ、気が付くとかなり大きくなってしまい、痛みも出てきてしまったため、ご相談に来られました。

「粉瘤」とは、皮膚の下にある皮下という組織に何かの原因により袋状の嚢腫ができた状態をいいます。

そこに角質や脂が蓄積していくことで粉瘤は少しずつ大きくなっていくのです。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・20161119)1

粉瘤は良性腫瘍ですが、自然治癒しないため、手術での摘出が必要です。

そのままにしておくと、大きくなっていくだけでなく、炎症を起こす場合もあります。

気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

粉瘤のくり抜き法による手術とテーピング

摘出する部位をマーキングし、手術を開始します。

そして「くりぬき法」といわれる摘出方法で粉瘤を取り除いていきます。

粉瘤は全てを摘出しないと再発しやすい皮膚良性腫瘍です。そのため丁寧かつ的確に治療を行い再発予防に努めています。

まずは局所麻酔を行います。

極細の麻酔針を使用しますので、痛みも少なく安心です。

手術は、トレバンという特殊な器具を用いて穴をあけ、そこから粉瘤を取り出します。

傷口が小さく済むことが特徴です。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・20161119)2

写真は手術終了直前の写真です。このあと、創部に保護テープを貼付します。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院の医師達は、非常にハイレベルな場での経験・またそこから培った高度な技術を皆さまにご提供させていただいております。

粉瘤治療においては、お陰様で多くの患者様いご来院いただき、仕上がりの美しさにご提供をいただいております。

患者様への負担を極限まで減らすこと・そして綺麗な仕上がりになることを日々追求しております。

是非、当院にご来院いただき、お悩みを解消してください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る