粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・2016/11/14)

頬にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

頬にできた粉瘤をきれいに治したい

20代男性の患者様です。

頬にできたニキビのようなものが治らず、悪化してしまったということでご来院されました。

始めはいつものようなニキビだと思っていたそうです。

いつもなら数日から一週間もあればよくなっていくところ、今回は数週間経ってもなおらず、逆に赤く腫れていってしまったそうです。

診察の結果、粉瘤でした。粉瘤が良性の皮膚腫瘍ですが、自然治癒はしません。

手術にて摘出しなければなりません。そのままにしてくと次第に大きくなり炎症を起こすことがあります。

炎症を起こしている場合

診察の際、化膿している場合は、まず抗生物質を処方し、1週間ほどお飲みいただく場合もあります。

患者様も、だいぶ炎症を起こしていったため、お薬を服用していただきました。

その後、再度ご来院いただき、化膿が治まっていると判断できたため、手術に進むこととなりました。

炎症がひどい場合を除き、受診当日に手術、帰宅が可能です。

ぜひ気になる症状がある場合は早めの受診をお勧めいたします。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・20161114)1

今回、患者様はお顔の手術ということで、術後の傷跡についてもとても心配をされておりました。

当院は粉瘤の手術を専門に扱っているため、数多くの手術を行ってきております。

手術の症例などを丁寧にご説明させていただき、安心して手術を受けていただくこととなりました。

日帰りで手術が可能です

当院では、手術は日帰りで行うことができます。

手術は局所麻酔を行うため痛みは全くありませんのでご安心ください。

手術自体は15分程度で終了します。

アイシークリニック新宿院では東京大学出身の医師たちが担当いたします。

多くの症例を治療してきた医師だからこそ、的確で丁寧な治療をご提供いたします。

くり抜き法を用いた粉瘤手術

可能な限り傷跡を最小限にするため、「くりぬき法」という方法で粉瘤を摘出していきます。

この「くりぬき法」は皮膚を切開しないため、早期治癒ができるメリットのほかに、傷痕を目立たなくすることが可能なのです。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・20161114)2

約1週間後に再度、傷跡のチェックで来院していただきます。

その頃には傷跡も目立たなくなっています。

患者様も大変喜ばれておりました。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院の医師達は、非常にハイレベルな場での経験・またそこから培った高度な技術を皆さまにご提供させていただいております。

粉瘤治療においては、お陰様で多くの患者様いご来院いただき、仕上がりの美しさにご提供をいただいております。

患者様への負担を極限まで減らすこと・そして綺麗な仕上がりになることを日々追求しております。

是非、当院にご来院いただき、お悩みを解消してください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る