粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・30代男性・2016/11/07)

今回は耳の付け根付近にできた粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)の手術でした。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

耳にできた大きな粉瘤の治療

30代男性、耳の付け根のあたりにできた粉瘤の手術をご希望されてのご来院でした。

初めは小さいニキビのようなものだったので、自然に治るものと思いそのままにされていたそうです。

ただ、耳にできたことはなかったので、違和感はあったそうです。

その後も気にはなっていたようなのですが、なかなか時間も取れずにいるうちに次第に大きくなっていき、近くの皮膚科で診察していただいたところ粉瘤と診断されたそうです。

しかし、手術ができる病院が近くになく、時間がたつうちにどんどん大きくなり、ご来院されたときには炎症をおこしておりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・30代男性・20161107)1

患者様の場合、炎症に伴う痛みも出てきており、早急に手術を行う必要がありました。

ただし、手術可能な範囲でしたので、即日手術の対応をさせていただきました。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、ニキビとは違って自然と治ることはなく、手術にて摘出する必要があります。

時間がたつと患者様のように次第に大きくなり、炎症をおこすこともあります。

気になる症状がある場合は、早めの来院をお勧めいたします。

くり抜き法という粉瘤治療

炎症がある場合、すぐに手術を行うことができない場合もあります。

抗生物質を服用していただき、炎症が治まってからの手術となる場合もあります。

当院では粉瘤の治療を、切開法ではなく「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術です。

また、当院では手術前に局所麻酔を使用するため、手術中に痛みをまったく感じることなく手術を終えることができます。

傷跡が気になる部分でも安心の当院の粉瘤手術

手術は専用のトレバンという器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。

写真の緑色の器具です。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・30代男性・20161107)2

簡単そうにも見えますが、技術を必要とするものです。

トレバンで切開したあとは、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

取り残しのないように慎重に行っていきます。

術後の傷跡も小さいので、患者様は縫合の必要もありませんでした。

ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

ワセリンをぬり、防水シートを貼って終了となります。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多く行っており、患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案することができます。

また、顔や耳など治療が難しい箇所にできた粉瘤も傷跡を最小限にする方法で治療ができます。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る