粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・2016/10/12)

今回は耳の裏側にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

多発してしまった粉瘤

40代男性。耳の裏側に、複数のしこりができ受診されました。

アイシークリニック新宿院では問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行います。

診察するとニキビではなく粉瘤であることがわかりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・20161012)1

顔やその周辺に粉瘤ができた場合、最初はニキビかと思われがちですが、放っておいても治らない場合は粉瘤の可能性があります。

もちろんニキビの薬などを付けても治りません。

粉瘤は自然治癒しない

粉瘤は自然に治るものではありません。

早期に摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こします。

そのため早期発見・治療が必要になります。

患者様の場合は一か所だけでなく、複数発生しておりました。

耳裏に集中してできていましたので、一度に摘出することにしました。

部位が全く違った場所に散っている場合などは、一か所ずつ摘出していくこともあります。

担当医より手術について詳しく説明したあと、ご希望の手術を行うことになりました。

傷跡を最小限で済むくり抜き法を用いた粉瘤手術

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っております。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・20161012)2

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。

くり抜き法は切開をしないため、傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますが、くりぬき法で摘出が可能です。

くり抜き法ではトレバンという器具を使い、患部に差し込み穴を開けますが、これはなかなか細かい技術を要する手術です。

トレバンを引き抜き、粉瘤を摘出していきます。

取り残しのないように、丁寧に取り除いていきます。

術後数週間で、傷跡もきれいになっていきます。

このように、顔や首、その周辺などの見た目が気になる場所でも安心して手術を受けていただけます。

患者様も想像以上に小さな傷で済み、大変喜んでいらっしゃいました。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る