粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016/11/22)

胸部にできた粉瘤の手術治療(くりぬき法)をご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

胸にできたニキビだと思っていたものは粉瘤でした

今回は30代の男性患者様の治療を担当いたしました。

初めはニキビかと思っていたようですが、一向に治らないことに不安を覚え受診されました。

粉瘤はニキビとよく間違えられることがありますが。粉瘤の場合放置していていも治ることはありません。

粉瘤は良性の皮膚腫瘍ですが、いつの間にか大きくなっていることがあります。

そのままにしておくと、炎症を起こすこともあります。

気になる症状がある場合はお早めに受診されることをお勧めします。

患者様の場合、かなりぽっこりと大きく膨らんでいました。

黒ずんできてもいましたが、痛みなどはないとのことでしたので、即日手術の対応を取らせていただきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・20161122)1

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

粉瘤は良性の腫瘍ですが一度細菌が入ると、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。

その場合、抗生物質を服用していただき、炎症が治まってからの治療開始となる場合もあります。

はじめに局所麻酔を行ってから手術に入ります。

極細の針を使用しておりますので、顔や耳など麻酔に不安を感じるような部位でも安心して受けていただけます。

もちろん手術中の痛みもありません。

手術はトレバンという特殊な器具を用いた「くり抜き法」にて行いました。

傷跡も小さく目立たないとうメリットがあり、特に顔や首など外観の気になる部分にも最適です。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・20161122)2

術後のケアも万全な粉瘤手術

上記の写真のように、傷跡も小さく済みました。

縫合の必要はなくワセリンを塗り、防水シートを貼って、ご帰宅いただきました。

手術当日~翌日までは、なるべく患部を濡らさないようにしてください。

術後一週間程度で傷跡もきれいになっていきます。

患者様も大変ご満足頂いておりました。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る