粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016/11/4)

胸部の粉瘤・手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

胸にポッコリとできてしまった粉瘤

30代男性の患者様です。胸にできた粉瘤(アテローム)の治療をご希望でご来院されました。

ぽっこりと盛り上がってきております。

ご近所の皮膚科にてすでに粉瘤と診断は受けていたそうですが、手術ができないところだったため、当院にご来院されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016114)1

診断は受けても、手術まで時間がかかってしまったり、手術ができなかったりでそのままにして次第に悪化してしまうこともよくあります。

当院は手術を専門に扱っておりますので、比較的予約もお待たせせずにお受けできるように努めております。

粉瘤は良性の皮膚腫瘍ですが、手術で取り除かないと治りません。そのままにしておくと、次第に大きくなり炎症を起こす場合もあります。

日帰り可能な粉瘤治療

当院では日帰り手術が可能です。

症状によっては受診当日に手術もできる体制を整えておりますが、化膿している場合は、まず抗生物質を処方し、1週間ほどお飲みいただく場合もあります。

その後、再度ご来院いただき、化膿が治まっていると判断した後に、手術をさせていただくこともあります。

化膿した状態で手術を行うと、出血が多くなったり、傷痕が目立ってしまうリスクがあるためです。

患者様の負担を出来る限り減らし、きれいな傷痕となるように、患者様の状態に応じて最善の流れを取らせていただいております。

くり抜き法による粉瘤日帰り手術

患者様の場合は、炎症は起こしていなかったため、受診された当日に即手術で対応させていただきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016114)2

局所麻酔を使用しますが、極細の針を用いていますので、麻酔の際の痛みも最小限となります。手術中は麻酔が効いているため痛みを感じることはありません。

くり抜き法という方法で摘出治療を行っているため、患者様の負担も少なく、短時間での手術が可能です。

手術自体は15分程度ですむことがほとんどです。男性患者様も痛みを感じることはなく安心したと話されていました。

粉瘤手術の傷痕も最小限に

切開法に比べ、創部が小さく治癒期間が短くすむことが最大のメリットです。

1週間後には、カサブタができ、自然と剥がれ落ちれば、そのあとは、ほとんど傷痕は目立ちません。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

当院は新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くの患者さまにご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る