粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・30代女性・2016/11/7)

背中にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

背中にできた粉瘤をきれいに取り除きたい

今回ご来院されたのは、30代女性の患者様です。

背中に気が付くと盛り上がったしこりのようなものができていたということでした。

かなり大きくなり、赤く炎症を起こしておりました。

粉瘤は良性腫瘍ですが、自然に治ることはありません。

最初は小さなサイズであっても月日が経つと次第に大きくなっていくのです。

炎症を起こし赤くはれ上がることもあります。そのため早期に摘出手術をする必要があります。

背中に粉瘤ができた場合

背中の場合、気が付くのに時間がかかることがよくあります。

また、なかなか病院に行く時間がないという方も多く、その間に大きくなってしまいます。

こちらの患者様も、かなり赤く炎症を起こしていたため、

一度抗生剤を服用していただき、炎症を抑えてから手術をさせていただくことでご了承いただきました。

下記の写真は、服用を始めて一週間後の様子です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・30代女性・2016117)1

だいぶ腫れも引いてきたので、手術に進むこととなりました。

お仕事の関係であまり時間も取れないということでしたが、当院の粉瘤手術は、手術自体は15分程度で終わり日帰り手術が可能です。

できるだけ早くご予約も取れるように努めておりますので、ぜひ粉瘤の症状が進む前にお時間を取っていただき、ご来院いただけたらと思います。

痛みの少ない麻酔を用いた粉瘤手術

当院では粉瘤の手術をくり抜き法で行っております。

粉瘤は切開手術も可能ですが、傷跡を小さく目立たなくするためにくり抜き法で治療を行っております。

まずは、粉瘤を摘出するため、局所麻酔の注射をします。

よく患者さまから手術の痛みについて聞かれます。

局所麻酔を行ってから治療を開始するため手術中は痛みを感じることはありませんのでご安心ください。

麻酔自体も、極細の麻酔針を使用しておりますので、こちらの痛みもごくわずかです。

トレバンという器具を用いた粉瘤を摘出手術

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・30代女性・2016117)2

上の写真は専用のトレバンという器具を使用し、くり抜き法で手術を行っている写真です。

くり抜き法は切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要ないのです。

アイシークリニック新宿院では患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

手術後は専用の保護テープで傷を保護します。手術当日もシャワーは可能です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・30代女性・2016117)3

手術後の経過をみるため、1週間後に再診にきていただきます。

くり抜き法で治療を行うと目立たない傷跡になります。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る