粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016/10/19)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

画像を交えながら、来院〜手術内容〜術後ケアまで詳しくお伝えしますので、治療のご参考にしていただければ幸いです。

なお、今回ブログにご協力いただきました患者様には、心より感謝申し上げます。

背中でいつのまにか大きくなってしまっていた粉瘤の治療

背中のしこりに気づき、当院にお電話

20代男性の患者様。

背中にしこりのようなものができたとお電話でご相談いただきました。

診察させていただいたところ、粉瘤に間違いありませんでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・20161019)1

※粉瘤(アテローム)の定義や原因など、さらに詳しく知りたい方は「粉瘤(アテローム)とは」のページをご参照ください。

粉瘤に関する、よくある勘違い

さて、粉瘤治療でご来院される方には、「痛みがひどいため、すぐに手術をしてほしい」と仰る方が少なくありません。
なぜ、そのような状態まで放置してしまう方が多いのでしょうか?

粉瘤に関するよくある勘違いには、次の3つのようなものがあります。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。
ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

粉瘤は自然に治るもの?

粉瘤は自然に治りませんので、必ず摘出する必要があります。

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。
気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

お電話(0120-780-194)でのお問い合わせ
Webでのお問い合わせ

患者様の負担を最小限に考えた粉瘤手術「くり抜き法」

粉瘤手術の流れ

当院ではおおよその場合、下記の手順で手術を行います。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合または防水シート

それぞれ詳しく見ていきます。

極細の針を使用。痛くない局所麻酔

粉瘤手術においては、まず局所麻酔をします。

注射に苦手意識のある患者様が大勢いらっしゃいますが、どうぞご安心ください。
アイシークリニック新宿院では、極細の針を使用しているため、最小限の痛みしか感じません。
皆さん、苦痛を感じることなく、注射を終えられていらっしゃいます。

麻酔は、ほんの数十秒で効いてきますので、その間お待たせすることはなく、スムーズに作業が進められていきます。

「くり抜き法」を用いた、患者様の負担の少ない日帰り手術

次に、手術では専用のトレバンという器具を、粉瘤のあるひじの皮膚めがけて差し込みます。

当院では粉瘤の治療を「切開法」ではなく、患者様の負担の少ない「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

この「くりぬき法」は、切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術として、患者様から大変ご好評いただいております。

くり抜き法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

粉瘤(アテローム)手術について

丁寧な粉瘤の摘出

さて、粉瘤を切開したあとは、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性を持っているため、取り残しのないように慎重に行っていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・20161019)2

患者様の場合、傷跡が小さく済みましたので、縫合の必要はありませんでした。

その後、ワセリンを塗り防水シートを貼って、手術は終了です。

アイシークリニック新宿院の医師は、粉瘤治療においてプロフェッショナルでございますので、どうぞご安心してお任せください。

お電話(0120-780-194)でのお問い合わせ
Webでのお問い合わせ

術後の傷跡はほとんど目立ちません。アイシークリニックの粉瘤治療

背中にあった全ての粉瘤を取り出し終えました。

手術前に見られた皮膚の膨らみはなくなり、小さな穴だけの状態です。

今回の症例でも、術後の傷跡は小さく、縫合の必要もありませんでした。
※ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

手術当日からシャワーが可能

粉瘤摘出後は、ワセリンをぬり、防水シートを貼って終了となります。

なお、手術当日もシャワーは可能です。
ただし、日常生活の中で防水シートが剥がれた場合は、傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立ててやさしく洗ってください。

術後1週間で再度ご来院いただき、状態確認

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

1週間も経てば、穴が開いている部分はカサブタで覆われます。

その後は、過度な刺激を与えないようにしてお過ごしいただき、カサブタが取れれば、どんどん綺麗な状態へ治っていきます。

傷跡が目立たないという点、当院には患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。私共も大変嬉しく思います。

お電話(0120-780-194)でのお問い合わせ
Webでのお問い合わせ

粉瘤治療は、手術実績多数のアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院が行う「くり抜き法」による粉瘤治療は、全国の患者様から支持されており、手術実績も非常に多く積みあがってまいりました。

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

当院は、今回のような背中のような目立ちにくい箇所においても、丁寧な治療を行います。

背中に関する症例紹介はこちら

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は、是非一度当院へご相談ください。

粉瘤治療の実績多数の医師が、丁寧に診察いたします。

スタッフ一同、お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る