粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・2016/10/11)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

赤くはれ上がってしまってしまい、痛みもある背中の粉瘤

30代女性。

一か月ほど前に小さなしこりに気が付いていたが、痛みもなくあまり気にならなかったので、そのままにしていたそうです。

背中ということで、目にする機会が少なく気が付いたら、赤くなってしまっており、ご相談に来られました。

痛みも少しでてきたために症状が進んでいることに気が付いたようです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・20161011)1

普段は洋服に隠れていたり、背部などで見たり触ったりする機会が少ない部位ですと、どうしても気が付くのに時間がかかってしまいます。

アイシークリニック新宿院では問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行います。

診察すると粉瘤であることがわかりました。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然に治るものではありません。

早期に摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こしますので、早期発見・治療が必要になります。

当医より手術について詳しく説明したあと、ご希望にそって手術を行うことになりました。

炎症が見られる場合は、抗生剤を内服後に手術

初診時はかなり赤く腫れており炎症が見られました。

このまま手術をすることは難しかったため、抗生剤を数日間内服してもらい炎症を抑えてから手術することになりました。

化膿した状態で手術を行うと、出血が多くなったり、傷痕が目立ってしまうリスクがあるためです。

患者様の負担を出来る限り減らし、きれいな傷痕となるように、患者様の状態に応じて最善の流れを取らせていただいております。

炎症化を抑え、日帰り粉瘤手術

いよいよ手術当日。

最初に来院された時よりはだいぶ炎症も治まってきておりましたが、写真のようにまだ多少赤みは残っている状態です。

痛みはほとんどなくなっているとのことでしたので、手術に入ることにしました。

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っております。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出していきます。

まずは、部分麻酔注射をします。麻酔をすることにより、手術中の痛みは感じません。

麻酔はすぐに効き目を表しますので、患者様と効き目について確認をしっかりした後に、次の工程へ進みます。

続いて、いよいよ粉瘤治療に移ります。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕も最小化

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますがくりぬき法で摘出が可能です。

切開をしないため傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

トレバンという特殊な器具を用いて切開します。(写真の緑色の器具がトレバンになります)

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・20161011)2

切開した後、ピンセットにて粉瘤を取り出します。

取り残しがあると再発のしてしまうこともあるため、丁寧にしっかりと取り除いていきます。

全ての粉瘤を取り除いた後の様子です。

潜んでいた粉瘤が大きいものでしたが、きれいに取り除くことができました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・20161011)3

手術前に見られた盛り上がりもすっかり無くなっています。

赤みもこの後徐々に治まっていきます。

最後に、ワセリンを塗り、防水シートを貼って、手術は終了です。

1,2週間ほどで、徐々に創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

くりぬき法は短期間で治癒が望め、綺麗に治りやすい手術法。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る