粉瘤・アテロームの手術症例(背中複数・20代男性・2016/10/10)

背中などに複数か所にできた粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)の手術でした。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中・肩など5か所に多発した粉瘤の治療

20代男性、背中、肩、腕など全部で5か所に粉瘤が多発しておりました。

こちらの患者様も最初はニキビだと思われていたそうですが、だんだん数も増えてきて、大きくなっていったため不安に思いご来院されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中複数・20代男性・20161010)1

粉瘤は体中のどの部分にもできる可能性がありません。また、一つではなく、一度に何か所もできる場合もあります。

自然治癒はしないため、きちんとした治療・摘出手術が必要になります。

何か所もできている場合、大きさや発生部位によっては同時に複数か所の摘出手術も可能です。

ただし、患者様の場合、発生している場所がかなりいろいろな部分に散っていることに加え、粉瘤が大きくなってきてることもあり、一つずつ摘出していくことにしました。

くり抜き法という粉瘤治療

粉瘤はそのままにしておくと次第に大きくなり炎症をおこす場合があります。当院では診察当日に日帰り手術を可能としておりますが、炎症がある場合、すぐに手術を行うことができない場合もあります。

その場合、抗生物質を服用していただき、炎症が治まってからの手術となる場合もあります。

摘出手術ですが、当院では粉瘤の治療を切開法ではなく、「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中複数・20代男性・20161010)2

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術です。

また手術前に局所麻酔を使用することで痛みをまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

短時間で安心の当院の粉瘤手術

手術は専用のトレバンという器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。

上記の写真はちょうど器具を使用し切開しているところです。

切開したあと、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。取り残しのないように慎重に行っていきます。

術後の傷跡も小さいので、患者様は縫合の必要もありませんでした。ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

ワセリンをぬり、防水シートを貼って終了となります。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中複数・20代男性・20161010)3

上の写真は粉瘤を「くりぬき法」で摘出したあとの写真です。

盛り上がっていた粉瘤もご覧のとおりきれいに取り除くことができました。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る