粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代男性・2016/11/10)

腕にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

腕にできたしこりのような粉瘤の治療とは

今回ご来院されたのは、40代男性の患者様です。お悩みの部分は、上腕にできたしこりのような粉瘤でした。

初めはしこりのようなものができたので、気になったそうですが、大したことはないと思いそのままにされていたそうです。

しかし数か月たっても治らず、少しずつ大きくなっていったため、心配になったそうです。

粉瘤は手術で摘出しないと治らないため、そのままにせず早めに受診をお勧めいたします。

粉瘤手術開始

お悩みの部分を一通り観察した後、麻酔注射をしてから手術になります。

極細の麻酔針を使用して、局所麻酔行います。麻酔時の痛みもとてもわずかです。

もちろん手術中の痛みもまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

当院では傷口を目立たなくするためにくり抜き法と呼ばれる手術法を採用し、トレバンという特殊器具によって患部のくり抜きを行います。

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく行える摘出方法です。

そのため患者様への負担を最小限にすることができます。

粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代男性・20161110)1

穴を開けた後、患部の奥にある粉瘤の袋の部分を切除します。

くりぬいた穴から取り出すため、傷口を大きくすることはありません。

粉瘤手術治療の術後

術後は密封療法と呼ばれる施術を行います。

透明なフィルムを患部にあてて止血します。

傷跡は1~2週間程度で徐々に目立たなくきれいになっていきます。

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る