粉瘤・アテロームの手術症例(腕・40代男性・2016/11/1)

腕にできた粉瘤の手術治療を行いました。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

肘の内側にできた粉瘤

今回は40代の男性患者様の治療を担当いたしました。

肘の内側におできのようなものができ、赤く腫れてきてしまったため、気になりご来院されました。

数か月前、まだ暑い時期に小さなおできのような感じでできたそうで、あせものようなものかと思ったそうです。

なかなか治らず気にはなっていたそうなのですが、時間が取れずそのままにしていたところ、赤く腫れはじめ、痛みが出てきたとのことです。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・40代男性・2016111)1

一見ニキビやオデキのようにも見えますが、治らない場合は粉瘤の可能性があります。

傷跡の心配などもあり躊躇される方も多くいらっしゃいますが、当院では数多くの手術の経験がありますので、安心して手術を受けていただいております。

不安な点などありましたら、しっかりと医師よりご説明させていただいておりますので、遠慮なくお話しいただけたらと思います。

短時間で可能な粉瘤の日帰り手術

炎症が起きていましたが、比較的大きくはなっていなかったため、すぐに手術で摘出することとなりました。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、一度細菌が入ると、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。そうした症状を引き起こす前に早めの受診をおすすめいたします。

また炎症を起こしている場合は、一度抗生物質を服用していただき、後日あたらめて手術を行わせていただくこともあります。

術後のケアも万全な粉瘤治療

まずは局所麻酔を行い、麻酔がしっかり効いていることを確認して手術に入ります。

トレバンという特殊な器具を用いて手術を行います。

傷跡も小さく済み、術後の回復も早いというメリットがあります。

トレバンにて切開後、取り残しのないよう、ピンセットで粉瘤を慎重に取りだしていきます。(今回は小さな傷跡でしたので、縫合はしておりません)

手術当日からシャワー浴も可能で、傷は1週間もすると目立たなくなります。また、手術後の痛みもほとんど感じません。

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る