粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・2016/10/21)

腕にできた粉瘤の手術症例をご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

腕にできた粉瘤治療

今回は20代女性の患者様の治療を担当いたしました。

腕にちいさなしこりに気がついていたそうですが、しばらくそのままにされていたそう。いつまでたっても治らないので、不安に思い受診されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・20161021)1

粉瘤は自然に治ることはなく、いつの間にか大きくなり、炎症をおこす場合もあります。手術で摘出する必要があるため、気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めします。

また、顔や首など、見た目が気になる場所の手術の場合、手術自体を躊躇されたり、不安に思うことが多くあります。

当院では数多くの粉瘤の手術を行っているため、患者様の疑問や不安にしっかりと答えたうえで手術を進めております。

ぜひ安心して治療を行っていただければと思います。

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

患者様の場合、炎症が起き始めていましたが、痛みもないような状態でしたので、即日手術で摘出することができました。

炎症がひどい場合は、一度薬を飲んでいただき、炎症が治まってから手術をさせていただく場合があります。

当院ではくり抜き法という手法を用いて手術を行っております。

粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・20161021)2

くり抜き法では、トレバンという特殊器具を用いて行います。切開法にくらべ、傷跡が小さく患者様の負担も少ないというメリットがあります。

トレバンにて切開したのち、ピンセットにて粉瘤を取り残しのないように慎重に摘出していきます。

傷跡の治りも早い粉瘤治療

傷跡が小さく済めば縫合の必要もないので、保護シートを貼って終了です。

手術当日からシャワー浴も可能で、傷は1週間もすると目立たなくなります。手術後の痛みもほとんど感じません。

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る