粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・2016/10/19)

ひじにできた粉瘤手術症例のご紹介です。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

腕に気になるしこり、粉瘤

30代男性の患者様です。

腕にできたしこりが気になりご来院されました。見た目ではわかりにくい状態ですが、触ってみるとしこりが確認できました。

診察したところ、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)1

粉瘤は、ニキビやオデキと間違われることが多くあります。しかし、ニキビなどと違って自然に治ることはなく、手術にて摘出する必要があります。

初めは痛みなどはないため、そのままにされてしまうことも多いのですが、次第に大きくなり痛みを伴う炎症を起こす場合もあります。

気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

当院では、粉瘤の治療では、「くりぬき法」という摘出法で手術をさせていただきました。

「くりぬき法」は切開法よりも傷が小さく短期間で治すことができます。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)2

傷を最小化するくり抜き法による粉瘤手術

局所麻酔を行い手術に入ります。

極細の麻酔針を使用しておりますので、痛みはわずかです。手術中の痛みもありませんので、安心して受けていただけます。

トレバンという特殊な器具を用いて穴を開けた後、粉瘤を取り残しのないように細心の注意を払い摘出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)3

今回のケースでは、傷跡も小さく済みますので、縫合の必要はなく、一週間ほどで傷跡もきれいになっていきました。

※アイシークリニック新宿院では手術後の経過をみるため約1週間後に再度受診していただいております。

粉瘤でお困りの方は是非一度ご相談ください。

皆さまが納得・満足していただけるよう丁寧に治療させていただきます。

アイシークリニック新宿院のスタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る