粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・50代女性・2016/10/15)

腹部にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

お腹にできた粉瘤、赤く腫れ傷んできてしまった

今回ご来院されたのは、50代女性の患者様。数か月前からお腹にできたしこりに気が付いていましたが、なかなか治らずご来院されました。

初めは小さなしこりだったそうですが、徐々に大きくなっていき、最近では赤くなり始め、たまに痛みも伴うようになったそうです。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・50代女性・20161015)1

ニキビのような粉瘤

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然治癒はしません。

放置しておくと徐々に大きくなり、炎症を起こすこともあります。

気になる症状がありましたら、早期にご相談、治癒が必要です。

患者様の場合、炎症を起こし始めていたため、診察当日に手術を行うことはできませんでした。抗生剤を服用していただき、炎症を抑えてから後日改めて手術となりました。

当院ではまず問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。診断が確定した場合、診察状況に応じて当日に日帰り手術が可能です。

また、当院では粉瘤の手術をくり抜き法で行っております。粉瘤は切開手術も可能ですが、傷跡を小さく目立たなくするためにくり抜き法で治療を行っております。

トレバンという器具で粉瘤を摘出

問診・視診から一週間後、赤みもだいぶ治まってきたため、手術を行わせていただきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・50代女性・20161015)2

上の写真は専用のトレバンという器具を使用し穴をあけた後、粉瘤を摘出している状態です。

取り残しのないように慎重に行っていきます。

手術は局所麻酔を使用して行うため全く痛みを感じることはありませんのでご安心ください。

術後のケアも万全な粉瘤手術

くり抜き法は切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要もありません。

アイシークリニック新宿院では患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

手術後は専用の保護テープで傷を保護します。

手術当日もシャワーは可能です。

粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・50代女性・20161015)3

手術後の経過をみるため、1週間後に再診にきていただきます。

腫れも治まり、傷口もきれいになってきておりました。

患者様も思ったよりも小さな傷口に驚いておられました。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



トップへ戻る