粉瘤とイボの違い、その他のおできについて

粉瘤とイボ、その他のおできの違いについて解説しているページです。
見た目が似ていることから、イボやその他のおできとよく間違われる粉瘤
しかし、イボと粉瘤、その他のおできは、症状や原因から治療法まで全く違います
本ページにて両者を見分けるためのポイントもお示ししておりますので、是非ご参考ください。

※ご来院をご希望の方は、お電話(0120-780-194)もしくはお問い合わせフォームよりご予約いただきますようよろしくお願いいたします。

本ページの目次

粉瘤と見た目が似ている皮膚疾患:イボ、その他のおでき

粉瘤と見た目が似ていることから、間違われることが多いイボや、その他のおでき。

しかし、それらの症状、原因、治療法には大きな違いがいくつかあります

粉瘤かどうかの鑑別を正しく行うことは、正しい治療を行うための第一歩。

そこで本ページでは、まずは粉瘤について簡単にご説明したのち、イボやその他のおできについて、粉瘤との違いを踏まえながらご説明していきます。

※粉瘤がニキビにも間違われることが多い点については、次の記事をご参照ください:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤(ふんりゅう)とは

粉瘤(ふんりゅう)とは、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる良性腫瘍のことです。

ほとんどの粉瘤の原因は現状ではわかっていません。

※参考:粉瘤とは

粉瘤の症状

粉瘤には炎症の危険性がある症状は、はじめは皮膚表面に現れるごく小さなしこりですが、悪化するにしたがい、じょじょに大きな袋状へと変化します。

細菌が侵入して炎症を起こすと赤く腫れ上がり、痛みを伴いますが、これを「炎症性粉瘤」または「化膿性粉瘤」と呼びます。

※参考:炎症性粉瘤

粉瘤の治療法

粉瘤は皮膚の奥にできる腫瘍で、自然治癒することはありえず、切除する以外に完治はありません。

炎症が起きている場合は抗生物質などを服用して炎症を抑えてから手術をすることもあります。

※参考:粉瘤手術について

イボ(疣贅)とは

イボは正式には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれます。

健康な人にも発症しうる皮膚疾患の一つで、イボには非常に多くの種類があることが特徴です。

ひとまとめに論じることは難しいですが、下記のような種類が挙げられます。

  • 尋常性疣贅
  • 老人性疣贅
  • 伝染性軟属腫
  • 扁平疣贅
  • 尖圭コンジローマ

イボができる原因

イボができる原因のほとんどは、「ヒトパピローマウイルス」(別名:ヒト乳頭腫ウイルス)が、小さな傷口から皮膚に入り込み感染することにあります。

とはいえ、原因となるウイルスは100種類以上あり、感染経路を特定するのは困難です。

イボの症状

尋常性疣贅の場合

尋常性疣贅の症状は、主に手足の指や足底に、はじめは平らな小さい丘疹(きゅうしん)が生じることです。
擦れたりすることで次第に角化して、徐々に大きくなりザラザラした石灰色に変わることもあります。

大きさは多くが数mmですが、稀に2cm超の大きなものになることもあります。

イボができる以外は無症状ですが、稀にかゆみを伴うこともあります。

足底疣贅の場合

足底疣贅ができると、歩くうちに自然と体重によって圧迫され平べったい状態になっていきます。
イボの周辺は固く厚い皮膚に変わり、表面はザラザラした状態となります。

大きさは数mm〜3cmまでばらつきがあり、白や黄色などの色をしています。

触っても痛みを感じることは少ないものの、時に体重によってイボが足裏の神経を刺激して、強い痛みを感じることがあります

一見すると魚の目やタコと間違えることがありますが、削るなどの刺激を足底疣贅に加えた時に出血するといった相違点があるといわれています。

イボの治療法

病院など専門機関で行うイボの治療法は保険診療では「液体窒素治療」と「イボ剥ぎ法」の2種類です。

それぞれ簡単に解説いたします。

液体窒素治療

マイナス200度のスプレーを患部に吹きかけることにより、ウイルスの取り付いた細胞を直接破壊し、免疫を賦活させウイルスを駆逐します。

一番手軽な治療ですが、治療に痛みを伴い、なかなか治りにくい特徴を持ちます。

イボ剥ぎ法

局所麻酔で外科的な手術を行う治療で、一度の治療で完治する確率が高いと言われています。

まとめ:イボと粉瘤の違い

イボと粉瘤は症状が似ているところがありますが、原因や症状、治療法が異なります。

粉瘤かイボか判断がつかない場合は、自分の判断に頼らず手術を専門にしている形成外科を受診しましょう。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

その他のおでき、癤(せつ)とは

イボやニキビと並んで粉瘤に間違われやすいできものとして、「その他のおでき」が挙げられます。

その他のおできは、「癤(せつ)」とも呼ばれる皮膚感染症の一つです。

毛穴の内部(毛包)や皮脂腺、またはその周囲から黄色ブドウ球菌という細菌が感染することで発生します。

その他のおできができる原因

癤(せつ)の原因となる黄色ブドウ球菌は、常在菌として皮膚に生息する細菌。

表面でウィルスの増殖を抑え、外部細菌が皮膚内へ侵入してくるのを防ぐ役割を果たしています。
しかし、常在菌の働きが何らかの原因によって弱まることで感染力が高まり、癤ができてしまうのです。

癤は皮膚の表面的な炎症ではなく、真皮層から皮下組織層といったより深い部分で炎症を起こします。

したがって、発生段階から「しこり」であるかのような腫れ方をします。

これを医学的には、「結節(けっせつ)」や「硬結(こうけつ)」と呼びます。

その他のおできの症状

癤は通常のニキビと違って初期段階から腫れに厚みがあり、ボコッとしこりのようになります。
また、一般的な炎症ニキビなどよりも治るまでに時間がかかります。

発生から3~5日くらい経つと、中心部から膿が出てくるようになります。
この膿は、病原菌の黄色ブドウ球菌と白血球が闘ったために発生するもので、炎症の強さと比例して膿もたくさん出てくるようになります。

なお、ひどく悪化したものは、たくさんの箇所からにじみ出てくるように膿が出てくることもあります。

その他のおできの治療法

癤の治療は、状況によってはすみやかに外科的処置をすることもあります。

まとめ:その他のおできと粉瘤の違い

その他のおでき、癤と粉瘤の見た目は似ています。

しかし、症状としては「初期症状の痛みの有無」が、大きく違うポイントであると言えます。

また、治療法については、粉瘤は外科的摘出を必要とする一方、癤は状況によっては外科的処置となります

粉瘤かその他のおできか判断がつかない場合は、イボと同様に、自分の判断に頼らず手術を専門にしている形成外科専門の医療機関を受診しましょう。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

イボか、粉瘤か、その他のおできか? わからない場合は当院へお越しください。

当院は、患者様に最適で負担の少ない医療を提供するクリニックです。

とりわけ、患者様の不安を取り除くため、患者様に適した手術方法を選択するため、患者様にしっかりと手術のご説明をするために、当院では、当院からのご説明を含めた「診察」の工程を非常に大切にしています。(→当院の手術の流れはこちらをご覧ください

「イボか粉瘤かその他のおできか、はっきりさせたい」「粉瘤の場合は即日手術したい」といったご要望も、丁寧にお聞きします。

粉瘤治療をご希望の方は、形成外科専門医の在籍はもちろん、症例も豊富な当院に是非お越しください。

トップへ戻る