炎症性(化膿性)粉瘤とは

炎症性(化膿性)粉瘤について解説しているページです。
粉瘤は放置していても大丈夫では?」「炎症性とはいっても、大したことないのでは?」「粉瘤に痛みが出てきたが、どのように治療すればいいんだろう?」といった疑問をお持ちの方は、是非本ページをご参考ください。


※ご来院をご希望の方は、お電話(0120-780-194)もしくはお問い合わせフォームよりご予約いただきますようよろしくお願いいたします。

本ページの目次

炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤には炎症の危険性がある初期段階の粉瘤は、通常痛みはなく、触るとしこりのようなものが感じられる程度です。
しかし、細菌が侵入して炎症を起こすと赤く腫れ上がり、痛みを伴います。

これを炎症性粉瘤または化膿性粉瘤と呼びます。

※以下、「炎症性粉瘤」という呼称で統一します。

粉瘤が炎症を引き起こす医学的原因

そもそも粉瘤とは、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる良性腫瘍のことです。
粉瘤は自然治癒しないうえ、悪化するとじょじょに大きな袋状へと変化していきますので、絶対に放置してはいけません。
(※参考:粉瘤とは

その粉瘤が炎症を引き起こす医学的な原因としては、粉瘤中央に空いているへそ(開口部)の部分から細菌が侵入することが挙げられます。

粉瘤の袋の中は、本来、免疫(体の中に入った菌などを排除する機能)を担当する細胞が入っていない構造ですので、細菌感染に弱いという性質があります。

特に、気にして触ったり、潰したりするとそこから細菌に感染し、炎症性粉瘤を引き起こすことがあるのでなるべく触らないようにしましょう。

粉瘤に炎症をもたらす心理的原因

上述したように、粉瘤は自然治癒しないうえ、細菌感染に弱いという性質を持っています。

しかしながら、粉瘤が炎症を伴い、痛みが出てはじめて医療機関へと駆け込む患者様は少なくありません。

その理由の一つは、「ただのできものだから放置していてもいいだろう」「良性の腫瘍なのだから、放っておいても問題ないはず」という“油断”にあります。

本記事をご覧の皆様は、絶対に放置せず、すぐに専門の医療機関へお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

炎症性粉瘤の症状

粉瘤は、炎症が起きたり化膿したりすると、赤く腫れ上がり痛みを伴います。

ひどく化膿した場合、皮膚の下の袋状の構造物が破壊され、膿が溜まった状態になります。

この状態を膿瘍(のうよう)とも呼び、強い痛みを伴います。

炎症性粉瘤は破裂してしまうことも

膿が溜まってしまった炎症性粉瘤は破裂することがあります。

以下、その原因と、破裂した際の対処法について述べます。

炎症性粉瘤が破裂する原因

粉瘤が細菌に感染し炎症性粉瘤になると、粉瘤の袋状の構造物が脆くなり、破れやすくなります。

はじめはしこりのような粉瘤も、炎症が進むにつれ次第に皮膚が柔らかくなり、触ると熱を持っているのがわかるようになります。

柔らかくなった状態だと、少し当たったり押さえたりしただけで破裂してしまい、膿が出てくることがあるのです。

袋が破れた場合、周辺に膿が広がりさらに炎症が悪化します。

赤く腫れ上がり、進行すると開口部もただれて広がり、臭いのする膿や袋の内容物が出てきます。

このような自然に膿が排出される状態を「自潰(じかい)」と呼びます。

炎症性粉瘤が破裂してしまった時の対処法

自宅などで粉瘤が破裂してしまった場合はできるだけ早く専門の医療機関を受診しましょう。

化膿がひどい場合は、皮膚を切開して内部にたまった膿を出す排膿手術(切開排膿)が行われることがあります

つまり、外科的手術を伴うことになるので、実績があり手術痕の美しさにこだわる形成外科を受診すると良いでしょう。

アイシークリニックにWebで相談する

アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

炎症性粉瘤の治療方法

では、粉瘤が炎症を伴った場合、どのように治療するのでしょうか。

ここでは一般的な治療の流れをご説明したのち、当院の治療の流れをご紹介します。

一般的には、まず炎症を抑えてから通院。その後、手術へ移行する

一般的には、炎症性粉瘤の手術は、まずは炎症を抑える治療が優先されます。

具体的には、手術の前に「抗生物質の投与」と「排膿手術」の2つのアプローチが取られます。

抗生物質の投与」は、炎症がそこまでひどくない場合に、抗生物質の内服薬を処方することを指します。これを数日間服用していただくことで炎症を抑えます。

排膿手術」は、炎症がひどい場合に、抗生物質では効果が得られないため、先に皮膚を小さく切開して膿を出す手術を行うことを指します。

こうして炎症が治るまで通院を行うことで、ようやく粉瘤の摘出手術へ移行することができます。

当院では、即日「くり抜き法」による手術を行います

上記の一般的な方法に対し、当院では炎症性粉瘤でも即日・日帰り手術が基本です

理由は、「通院のデメリット」と「即日手術のメリット」の2つの側面から論じることができます。

通院によるデメリット

  • 抗炎症は、再発防止にはならない
  • 通院中に再発するおそれがある
  • 患者様に通院の負担を強いることになる

即日手術のメリット

  • 再発の可能性がほぼ無い
  • 切開による排膿手術よりも痛みがなくなりやすく、傷の治りが早い
  • 傷跡をキレイに仕上げることができる

粉瘤は、囊腫(粉瘤の袋)を全て外科的に切除しないと再発の可能性があることを忘れてはいけません。
つまり、患者様に通院のご負担を強いている間に、再発する可能性もあるのです。

上記の理由から、当院では炎症性粉瘤でも、くり抜き法による粉瘤の摘出手術を行わせていただいております。
もちろん、局所麻酔によって痛みのない手術が可能ですので、ご安心ください。

粉瘤(アテローム)の手術について詳しく知りたい方はこちら

炎症性(化膿性)粉瘤の治療なら、アイシークリニック新宿院

アイシークリニックは「皮膚の保険診療日帰り手術の専門医チーム」として、患者様に最適で負担の少ない医療を提供しています。

東京大学医学部附属病院や京都大学医学部附属病院などの大学病院出身の専門医が集まり、最先端の皮膚の小手術を行う体制を整えております。

また、大学病院・総合病院との連携体制が充実しているため、手術に局所麻酔ではなく全身麻酔が必要と思われるものや、悪性の可能性の高い腫瘍があると考えられる場合には総合病院や大学病院、癌センターなどを紹介させていただくことが可能です。

粉瘤治療は、治療実績多数のアイシークリニック新宿院にお任せください。

トップへ戻る