粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・2016/10/14)

腰にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

腰にできた黒ずんだ粉瘤を取り除きたい

今回ご来院されたのは、40代男性。

数か月前から腰にしこりがあり、徐々に大きくなり、最近少し黒ずんできたいため、不安になりご来院されました。

はじめはすぐに治るだろうと思っていたそうです。

しかし、診察させていただいたところ、粉瘤でした

※黒ずんだ粉瘤について詳しくはこちら:黒ずみのある粉瘤の症例紹介【画像あり】

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・20161014)1

粉瘤は良性腫瘍ですが、自然に治ることはありません。

ここがニキビとは違うところです。

※ニキビと粉瘤の違いについて詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

最初は小さなサイズであっても月日が経つと次第に大きくなっていくのです。

そのため早期に摘出手術をする必要があります

そのままにしておくと、炎症を起こし痛みが出てくることもあります。

※炎症を起こした粉瘤について詳しくはこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤手術までの流れについて

当院ではまず問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。

診断が確定した場合、診察状況に応じて当日に日帰り手術が可能です。

手術時間は粉瘤の大きさなどにもよりますが15分〜30分程度であり、特に当院は完全予約制のクリニックですので、スムーズな診察が可能かと思います。

なかなか治らないしこり、粉瘤かもしれません。

ご不安な方は粉瘤専門のクリニックにぜひ一度ご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

アイシークリニックではくりぬき法が可能

当院では粉瘤の手術をくり抜き法で行っております。

粉瘤は切開手術も可能ですが、小さく目立たない傷跡を実現すべく、くり抜き法で治療を行っております。

※切開法との治療法の違いについて詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

それでは手術について具体的にご説明いたします。

極細の注射針局所麻酔注射

まずは、粉瘤を摘出するため、局所麻酔の注射をします。

よく患者さまから手術の痛みについて聞かれます。

局所麻酔を行ってから治療を開始するため手術中は痛みを感じることはありませんのでご安心ください

また、麻酔針も極細のものを使用しておりますので、麻酔時の痛みもごくわずかです。

トレパンという器具を用いた粉瘤を摘出手術

次の写真は専用のトレパンという器具を使用し、くり抜き法で手術を行っている写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・20161014)2

トレパンにて切開したあと、ピンセットで粉瘤を取り出していきます。

取り残しがあると、再発の原因になるため、慎重に行っております。

くり抜き法は、切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要ないのです。

アイシークリニックでは患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・20161014)3

手術後は、経過観察のため、1週間後に再診にきていただきます。

くり抜き法で治療を行うと目立たない傷跡になります。

※その他腰にできた粉瘤の症例はこちら:腰・おしりにできた粉瘤手術【症例画像】

黒ずみのある粉瘤治療もアイシークリニックへ

黒ずみのある粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る