粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・2016/8/19)

腰にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

腰回りにぽっこり膨らむ粉瘤

今回ご来院されたのは、40代男性。

お悩みの部分は、腰周りにぽっこりできた粉瘤でした。

見たところ、軽度の炎症が見られる粉瘤です。

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・2016819)1

特に腰回りにできた粉瘤ですと、発見までに時間がかかり、悪化してしまうことがあります。

早くに摘出できればできるほど患者様の負担は減りますが、悪化してしまい「すぐ手術してほしい」と来院される方が後を絶ちません。

では、なぜ悪化するまで放置してしまうのでしょうか。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

※参考記事:粉瘤とイボの違い、その他のおできについて

粉瘤は自然に治るものと考え放置してしまう

粉瘤は自然に治りませんので、必ず摘出する必要があります。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤手術はアイシークリニック新宿院へ

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤手術の実際の流れ

粉瘤手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

局所麻酔注射

お悩みの部分を一通り観察した後、麻酔注射をしてから手術になります。

「注射」となると苦手意識のある方が大勢いらっしゃいますが、当院では極細の針を使用しているのでご安心ください。

実際、「想像していたより全然痛くなかった」など患者様からお声をいただくことがあり、私どもも嬉しい限りです。

くり抜き法で、丁寧に粉瘤を摘出

当院では傷口を目立たなくするために「くり抜き法」と呼ばれる手術法を採用し、特殊器具によって患部のくり抜きを行います。

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく低侵襲で行える摘出方法です。

そのため患者様への負担を最小限にすることができます。

また手術前に局所麻酔を使用することで痛みをまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・2016819)2

穴を開けた後、患部の奥にある粉瘤の袋の部分を切除します。

粉瘤は全て取り切らないと再発の危険性があるため、手やピンセットを用いて丁寧に取り除きます。

また、くりぬいた穴から取り出すため、傷口を大きくすることはありません。

粉瘤・アテロームの手術症例(腰・40代男性・2016819)3

全て取り除いた後の粉瘤はぽっかり穴があいたようになります。

ガーゼを当てて手術は終了となります。

※豊富な腰回りの症例についてはこちら:腰・おしりにできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤手術治療の術後

2~4週間後にはキレイな傷跡に

手術当日もシャワーは可能です。
傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立ててやさしく洗ってください。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

2〜4週間後にはどんどん綺麗な状態へ治っていきます。

短時間の手術ができるのは、実績がある当院ならでは

アイシークリニック新宿院における、粉瘤の手術時間は約15分ほど。

しかし、手術を疎かにすることは決していたしません。

この時間で手術ができるのは、多くの手術実績があり、創意工夫をさせていただいているからです。

他当院のこだわりについて詳しくはこちら:アイシークリニックとは

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る