粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・2016/10/16)

今回は耳の裏側の頸部にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

画像を交えて、ご来院〜手術内容〜術後のケアまでを分かりやすく紹介いたします。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

耳の裏に大きく膨らんだしこりのような粉瘤

今回は30代男性の患者様。

耳の裏のしこりが大きく膨らんで治らないとご相談いただきました。

アイシークリニックでは問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行います。

診察すると「粉瘤」であることがわかりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・20161016)1

初めは小さなしこりのようなものだったそうです。虫に刺されたか、ニキビのようなものかと思っていたそうです。

数週間経っても治らず、逆にどんどん大きくなっていき、市販の塗り薬を使ったけれども一向に症状は変わらなく不安になりご来院されました。

粉瘤は自然に治るものではありません。

粉瘤は、そのままにして摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こします。

そのため早期発見・治療が必要になります。

粉瘤は自然治癒しない良性の腫瘍なので、必ず手術によって摘出が必要です。

担当医より手術について詳しく説明したあと、ご希望通りに日帰り手術を行うことになりました。

日帰り粉瘤手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を目指しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

日帰り粉瘤手術の流れ

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っております。長くて20分で終わる手術を目指しております。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出していきます。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕を最小化

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。

トレパンという特殊な具を用いて切開し、粉瘤を取り出します。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますがくりぬき法で摘出が可能です。

切開をしないため傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・30代男性・20161016)2

粉瘤(アテローム)の治療法について詳しくはこちら

目立ちにくい傷跡を目指すアイシーのくり抜き法による粉瘤治療

くりぬき法は「傷跡が小さく、目立たなくてすむ」、「手術時間が非常に短い」などと一般的に言われています。

傷の大きさによっては縫合の必要がない場合も多々あります。

今回も縫合はせず保護シートを貼り終了となります。創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

術後1週間で再度ご来院いただき、状態確認

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

2〜4週間も経てば、穴が開いている部分はカサブタで覆われます。

その後は、過度な刺激を与えないようにしてお過ごしいただき、カサブタが取れれば、どんどん綺麗な状態へ治っていきます。

傷跡を目立ちにくくする粉瘤治療は、アイシークリニックへ

アイシークリニックは日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っています。

また、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外からも多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る