粉瘤・アテロームの手術症例(首横・40代男性・2016/10/10)

首横で肥大化してしまった粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

赤くはれ上がってしまった首横の粉瘤

40代男性。

数か月ほど前から首ににニキビのようなものが出来たが治らない、かなり大きくなってきて痛みもあるとご相談いただきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・40代男性・20161010)1

このように、大きく腫れあがっていること、赤みも出ていることから、炎症を起こしていることがわかります。

診察の結果、粉瘤であることがわかりました。

粉瘤は自然に治るものではありません。

本事例のように、粉瘤ができてしまうと早期に摘出手術を行わない限り、だんだんと大きくなり炎症を起こします。

そのため、粉瘤治療においては早期発見・治療が必要になります。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

ニキビと粉瘤を間違えてしまうケースも

粉瘤は、単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置し悪化する場合が多いです。

粉瘤は自然に治らないため、手術で摘出する必要があります。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。
また、炎症性粉瘤においても、医師の診断により当日日帰り手術も可能です。

不安に感じる部分は丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

日帰り粉瘤手術の流れ

当院では、粉瘤・アテロームの治療は基本的には日帰り手術で行っており、手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

※粉瘤の手術については詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

部分麻酔注射

手術にあたっては、まずは部分麻酔注射をします。

麻酔をすることにより、手術中の痛みは感じません。

針を刺す際は、多少チクッと感じる程度ですので、注射が苦手な方もどうぞご安心ください。

麻酔はすぐに効き目を表しますので、患者様と効き目について確認をしっかりした後に、次の工程へ進みます

続いて、いよいよ粉瘤摘出手術に移ります。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕も最小化

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出します。

緑色の「トレパン」という円形のメスを用いて粉瘤のある皮膚を目指して穴を開けます。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出します。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・40代男性・20161010)2

続いて、粉瘤は取り残すと再発の危険があるため、ピンセットを使って丁寧に取り除きます。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・40代男性・20161010)3

写真は全ての粉瘤を取り除いた後の様子です。

潜んでいた粉瘤が大きいものでしたが、きれいに取り除くことができました。

手術前に見られた盛り上がりもすっかり無くなっています

術後の流れ

最後に、ガーゼを当てて手術は終了です。

2〜4週間ほどで、徐々に創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

くりぬき法は短期間で治癒が望め、綺麗に治りやすいのです。

※豊富な首回りの症例はこちら:首にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤手術は、手術実績多数のアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院の医師達は、非常にハイレベルな場での経験・またそこから培った高度な技術を皆さまにご提供させていただいております。

粉瘤治療においては、お陰様で多くの患者様にご来院いただき、仕上がりの美しさにご定評をいただいております。

患者様への負担を極限まで減らすこと・そして綺麗な仕上がりになることを日々追求しております。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る