粉瘤・アテロームの手術症例(左首横・20代男性・2016/10/4)

首横にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

左首横にできたしこりのような粉瘤

今回ご来院されたのは、20代男性。

左首横にぽっこりとしこりが目視でも確認でき、診察させていただくと粉瘤でした。

※粉瘤について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・20代男性・2016104)1

小さくても外科的治療が必要なのが、粉瘤

粉瘤は良性の腫瘍ですが、そのままにしておいても、薬を塗っても治癒しません。

手術での除去が必要です。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

手術というと、躊躇われる方もたくさんいらっしゃるかとはお思いますが、放置すると次第に大きくなり炎症を起こすこともありますので、注意が必要です。

当院の治療の流れ

当院ではまず問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。

診断が確定した場合、診察状況に応じて当日に日帰り手術が可能です。

また、ご不明な点や不安に思う点は丁寧に説明いたしますので、中々治らないしこりやニキビがございましたらぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

当院では粉瘤の手術をくり抜き法で行うことが可能です

粉瘤は切開手術も可能ですが、当院では原則として、傷跡をより小さく目立たなくするためにくり抜き法で治療を行っております。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

それぞれ説明いたします。

手術は局所麻酔を使用して行います。

したがって、術中は全く痛みを感じることはありませんのでご安心ください。

麻酔が効いていることを確認したらいよいよ皮膚を切開。

手術には、専用のトレパンという器具を使用します。

トレバンを引き抜くと中から粉瘤が出てきますが、その様子が下の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(首横・20代男性・2016104)2

粉瘤は手やピンセットを用いて丁寧に取り除きます。

全て取り除いた後はガーゼを当てて終了となります。

粉瘤手術後も安心のケア

くり抜き法は切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要もありません。

1週間ほどで傷口もきれいになっていきます。

アイシークリニックでは患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

手術後の経過をみるため、1週間後に再診にきていただきます。

以上が当院の手術の流れです。

※その他首周りの症例についてはこちら:首にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る