粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016/3/13)

後頸部(首の後ろ)にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

見た目からはわかりづらく放置しがちな、後頸部の粉瘤

30代男性の患者様。

後頸部(首の後ろ)にできた粉瘤でお悩みとのことでご来院されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016313)1

一見、何もないように見受けられますが、触ってみるとしこりが感じられます。このような粉瘤の場合、ご自分で触ってみない限り、しこりの存在に気づくことしかできません。

日常的にご自分の身体に関心を持ち、異常がないかを確認することは、大変大切です。

※粉瘤について詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)とは

放置すると炎症化や肥大化を招くことも。

すこしでも発見が早いほうが、手術後の傷痕も綺麗な状態になりやすいです。

放置すると炎症を起こしたり、肥大化してしまったりするケースも。

おかしいな?と思うことがありましたら、できるだけ早くの受診をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

短時間で患者様の負担の少ない粉瘤手術

当院では「くり抜き法」と呼ばれる手術方法を採用しています。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

部分麻酔注射で、痛みを最小限にとどめる手術

まずは、部分麻酔注射をします。

患者様の多くは、注射の痛みに不安を感じていらっしゃいます。
しかし、アイシークリニックでは、患者様のご負担を極力軽減できるよう、様々な工夫をしております。

麻酔注射については、極細の針を使用しているため、強い痛みは感じません。

麻酔注射をした後の様子です。麻酔薬が注入された皮膚が白っぽくなっています。
なお、麻酔はすぐに効いてきますので、お待たせすることはございません。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016313)2

粉瘤を丁寧に除去

続いて、粉瘤を取り除く工程へと移ります。

くり抜き法では、トレパンという円筒型のメスのような特殊な器具を用います。

簡単にご説明しますと、皮膚に小さな穴を開け、そこから粉瘤を取り除くという手法です。この方法ですと、最小限の傷口で済みますし、患者様のご負担も軽減できます。

アイシークリニックは常に患者様への配慮を忘れず、日々工夫をしております。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016313)3

トレバンを引き抜いた後の様子です。

くりぬいたところから、粉瘤が出てきました。ここから、粉瘤を取り除きます。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016313)4

粉瘤摘出後は、小さな傷跡。2~4週間でどんどん綺麗な状態へ。

全ての粉瘤を取り除いた後の様子です。

ガーゼを当てて手術は終了。シャワーは翌日から可能です。

石鹸を泡立ててやさしく洗っていただき、傷口を清潔に保ってください。

粉瘤・アテロームの手術症例(後頸部・30代男性・2016313)5

1週間後に再度ご来院いただき、術後経過をチェックいたします。

2~4週間後には、カサブタができ、それが自然と剥がれ落ちれば、どんどん綺麗な状態へと治っていきます。

以上が当院の粉瘤治療の流れです。

※その他首にできた粉瘤の症例紹介はこちら:首にできた粉瘤手術【症例画像】

丁寧で負担の少ない粉瘤治療なら、アイシークリニック

アイシークリニックには多くの患者様にご来院いただき、大変有り難いことに、手術後の仕上がりにご満足のお声を多数いただいております。

これからも、皆さまのご負担を軽減できるよう工夫を重ね、1人でも多くの方のお悩みを解消できるよう、日々精進してまいります。

皆さまのご来院を、当院スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る