粉瘤・アテロームの手術症例(耳付け根・40代男性・2016/11/22)

今回は耳の付け根付近にできた粉瘤(アテローム)の手術について、画像を交えながら解説したします。

「粉瘤とは何か」「粉瘤に関するよくある間違い」など、治療に役立つコラムも掲載していますので、ぜひ一度手術前に目をお通しください。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

痛みも出てきてしまっている粉瘤の治療

40代男性。

耳の付け根付近に炎症を伴う粉瘤が見られました。

最初はニキビだと思われていたそうですが、治るどころかだんだんと大きくなっていったため不安に思いご来院されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳付け根・40代男性・20161122)1

粉瘤は体中のどの部分にもできる可能性があります。

また、自然治癒することはなく、根治治療は手術に限られます。

さらには、粉瘤を放置すると、炎症や化膿を起こす可能性があるほか、肥大化することもあります。

したがって、粉瘤の疑いがある場合は、すぐに専門の医療機関で診察をしてもらいましょう。

粉瘤に関するよくある勘違い

では、なぜそのまま放置してしまうのでしょうか?

その理由として、粉瘤に関するよくある勘違いがあると考えられます。

勘違い1:粉瘤をニキビやその他のおできと間違える

粉瘤は初期症状はニキビに似ていることが多く、放置していれば治るだろうとご来院されない方は非常に多いです。

しかし粉瘤はニキビと違い、放っておくとどんどん肥大化し、自然に治ることはありません。

早めの手術による摘出の必要があります。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

勘違い2:粉瘤は自分で潰してしまえば治る?

中には粉瘤の中に溜まっている垢を出してしまえば治ると勘違いしていらっしゃる方もいるようです。

しかし粉瘤は嚢腫と呼ばれる粉瘤の袋自体を取り切らないと完治しません。

自分で潰してしまったことで細菌に感染し、赤く腫れてしまう事があります。

炎症が起きてしまうと、治りが遅くなってしまうので、早めの摘出手術をお勧めしています。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

勘違い3:手術の傷跡は大きくなってしまうのでは?

たしかに、手術となると傷跡がとても気になるかと思います。

しかし、「くり抜き法」と呼ばれる手術法であれば、傷跡は最小限に抑えられます。

その点、アイシークリニック新宿院では粉瘤の手術を専門に行っておりますので、多くの経験と実績がございます。

不安に感じる部分もたくさんあると思いますが、担当の医師が丁寧にご説明させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法という粉瘤治療

粉瘤はそのままにしておくと次第に大きくなり炎症をおこす場合があります

摘出手術ですが、当院では粉瘤の治療を通常の「切開法」ではなく、上述したよに「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

くり抜き法の手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術です。

また手術前に局所麻酔を使用することで痛みをまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

※参考記事:粉瘤(アテローム)手術について

痛くない局所麻酔

「麻酔が苦手」という方もたくさんご来院されますが、ご安心ください。

アイシークリニック新宿院では、患者様のご負担を極力軽減できるよう、様々な工夫をしております。

麻酔注射については、極細の針を使用しているため、強い痛みは感じません

あっという間に終わりますので、どうぞご安心ください。

短時間で安心の粉瘤手術

手術は専用のトレバンという器具(写真の緑色の器具)を使用し、粉瘤を摘出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳付け根・40代男性・20161122)2

上記の写真はちょうど器具を使用し切開しているところです。

切開したあと、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。粉瘤は、取り残すと再発の危険があるので、取り残しのないように慎重に行っていきます

術後の傷跡も小さいので、患者様は縫合の必要もありませんでした。

ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳付け根・40代男性・20161122)3

上の写真は粉瘤を「くりぬき法」で摘出したあとの写真です。

盛り上がっていた粉瘤もご覧のとおりきれいに取り除くことができました。

術後の経過確認

手術後はガーゼを当てて終了となります。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

その後は、過度な刺激を与えないようにしてお過ごしいただき、カサブタが取れれば、どんどん綺麗な状態へ治っていきます

なお、手術当日もシャワーは可能です。
傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立ててやさしく洗ってください。

傷跡が目立たないという点、当院には患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。私共も大変嬉しく思います。

※顔周りの豊富な症例についてはこちら:顔にできた粉瘤手術症例(一覧)

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る