粉瘤・アテロームの手術症例(もみあげ・20代男性・2016/11/22)

もみあげにできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

もみあげにできた粉瘤。ずっと、ニキビだと思っていた

20代の男性患者様。もみあげにできたニキビが治らないとご来院されました。

普段からあまりできたりすることはないようなのですが、見た感じニキビかと思いそのままにされていたそうです。

しかし、なかなか治らず、ご来院。

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・20代男性・20161122)1

お仕事の都合ですぐに受診できたなかったため、だんだんと大きくなり、赤く膨らんでしまったということでした。痛みも時折感じるとのことです。

粉瘤は放置していると炎症を起こすことがあります。
(※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

また、診断には必要な場合は画像診断を行います。

患者様の場合、画像診断を行ったところ「粉瘤」でした。

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

粉瘤は自然に治らないうえ次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では東京大学出身の形成外科・皮膚科の医師が連携して手術を行っております。

皆様の不安を取り除けるよう丁寧にご説明いたします。

少しでも「粉瘤かな」と疑った際は遠慮なくご来院ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法を用いた負担の少ない粉瘤手術

粉瘤・アテロームの治療方法には切開法とくり抜き法があります。

症状に合わせて治療法を決めていきますが、くり抜き法は傷跡も小さくきれいに仕上がるため外観が気になる部分などにはとても適しています。

※くり抜き法、切開法の手術詳細はこちら:粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ詳しく説明します。

粉瘤摘出の前に局所麻酔

まず、手術は局所麻酔をしてから行います。

そのため手術中も痛みを全く感じることはありませんのでご安心ください。

粉瘤の摘出

次に、トレバンという円形のメスにて切開後、取り残しのないようにピンセットで粉瘤を摘出し終了です。

傷跡も小さく済んでいるのがわかります。

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・20代男性・20161122)2

くり抜き法は、顔や首など周りから見えやすい部分にできた粉瘤でも目立たない傷跡が可能として、患者様から大変ご好評いただいております。

手術当日からシャワーが可能

粉瘤摘出後は、ガーゼを当てて終了となります。

なお、手術当日もシャワーは可能です。

幹部を清潔に保てるよう優しく洗ってください。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院は新宿駅より徒歩3分の場所にあるためアクセスの良さからも多くの方にご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る