粉瘤・アテロームの手術症例(あご・20代男性・2016/11/12)

あごにできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

あごにできた小さな粉瘤

20代男性、顎の下にできた粉瘤(アテローム)の治療をご希望でご来院されました。

小さなニキビだと思っていたようですが、診断の結果、間違いなく粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(あご・20代男性・20161112)1

粉瘤は良性の皮膚腫瘍です。(※ご参考:粉瘤(アテローム)とは

はじめは痛みなどもなく小さなオデキやニキビのようなもののため、そのままにしてしまうことが多いのですが、次第に大きくなっていきます。(※ご参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

また、自然に治ることはないため、摘出手術をしなければ治りません。

こちらの患者様のように、顔や背中にできた粉瘤をニキビと勘違いしてして放置していると、大きくなってしまったり、炎症を起こしたりします。(※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

ひどくなる前の、早めの治療をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による粉瘤日帰り手術

アイシークリニックでは日帰りで手術が可能です。

くり抜き法という方法で摘出治療を行っているため、患者様の負担も少なく、短時間での手術が可能です。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※もっと詳細な手術情報はこちら:粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法では、局所麻酔を使用し、トレパンという専用の器具を使って手術をいたします。

手術中は麻酔が効いているため痛みを感じることはありません。

男性患者様も痛みを感じることはなく安心したと話されていました。

粉瘤・アテロームの手術症例(あご・20代男性・20161112)2

写真は「トレパン」と呼ばれる円形のメスを用いて粉瘤のある皮膚に穴を開けている様子です。

トレパンを引き抜くと、中から粉瘤が出てきますので手とピンセットを使って取り除きます。

粉瘤を全て取り除くとぽっかりと穴が開くので、ガーゼで抑えて手術は終了です。

粉瘤手術の傷痕も最小限に

くり抜き法は切開法に比べ、創部が小さく治癒期間が短くすむことが最大のメリットです。

傷跡も術後1週間ほどで目立たなくなってきます。

※あごをはじめとした豊富な症例はこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

当院では粉瘤の治療を多く行っております。

当院は新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くの患者さまにご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る