粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・2016/11/10)

右耳の裏側にできた粉瘤治療についてご紹介します。

粉瘤に関する基礎知識から、実際の手術画像を交えた治療の解説までお伝えします。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

耳裏にできた粉瘤。炎症が起きており手術をご希望

30代男性の患者様。右の耳の裏側にできた粉瘤(アテローム)の治療をご希望でご来院されました。

初めはニキビのようなものだと思っていたようですが、次第に大きくなり、赤くなってしまったそうです。痛みもあるということでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・20161110)1

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

診察の結果、粉瘤でした。

かなり炎症を起こしておりましたが、今回の場合、医師の診察により日帰り手術が可能でしたので、即日手術となりました。(ご参考:炎症性粉瘤とは?

粉瘤に関する勘違い:ニキビと間違える

さて、粉瘤治療でご来院される方には、「痛みがひどいため、すぐに手術をしてほしい」と仰る方がいらっしゃいます。

なぜ、そのような状態まで放置してしまう方がいらっしゃるのでしょうか?

それは。粉瘤を単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置しまうからです。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は基本的に摘出手術以外では治らない

粉瘤・アテロームは良性の表皮腫瘍、表皮嚢腫です。
ニキビと間違われやすいですが、粉瘤・アテロームは基本的に自然に治癒しません。

基本的に摘出手術をしない限りは治らないのです。

そのため早くに治療を開始することが大切です。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック

今回のように顔回りなどの目立つ箇所の手術は、手術跡を気にされる方がいらっしゃると思います。

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、手術・診察を行っております。
また、傷跡には細心の注意を払い治療を行なっております。

不安に感じる部分もあると思いますが、担当の医師が丁寧にご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による粉瘤手術

アイシークリニックは「くりぬき法」は「切開法」よりも傷跡への配慮をしやすいと考えており、当院では日帰り手術を目指すためにも、患者様の状態を踏まえて、くりぬき法をご提案することがあります。

手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※より詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)手術について

くりぬき法においては、まずは局所麻酔を使用し、トレバンという専用の器具をつかって手術をいたします。

手術中は麻酔が効いているため痛みを感じることはありません。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・20161110)2

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

さて、粉瘤を切開したあとは、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性を持っています。

したがって、取り残しのないように慎重に行っていきます。

今回の場合も傷跡に細心の注意を払い治療を行いました。

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、手術・診察を行っております。

お問い合わせはこちら

手術後の様子〜当日からシャワー可能な場合も・1週間後に再検査〜

粉瘤摘出後は、ガーゼを当てて終了となります。

お風呂に関しては、手術当日は出血のリスクがあるため、入浴は控えていただきます。
翌日以降はシャワー浴にて石けんで傷を洗っていただいておりますが、お風呂・プールは清潔でないため、約1週間は、シャワーのみでお願いいたします。
ただし、その際少しでも異常や不安を感じた場合はすぐに当院にご連絡・ご相談ください。

当院では、経過を確認するために、手術後再度ご来院いただくこともございます。

術後の経過として、過度な刺激を与えないようにしてお過ごしいただき、カサブタが取れれば、綺麗な状態へ治っていきます。

以上が粉瘤手術の概要となっております。

※顔周りの症例についてはこちら:顔にできた粉瘤症例一覧

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、チーム体制で皮膚治療を行っております。
また、患者様のご負担を考慮し、手術中の痛みの軽減を目指しており、術後の傷跡にも細心の注意を払い治療を行うようにしております。
ご不安に感じる部分は医師が丁寧に説明いたしますので、粉瘤や脂肪腫など皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

監修者

  • 金沢大学医学部医学科卒業、金沢大学附属病院勤務
  • 金沢医科大学病院形成外科勤務
  • 金沢医科大学形成外科助教
  • 金沢医科大学大学院医学研究科修了、富山県立中央病院形成外科部長
  • 2018年12月よりアイシークリニック新宿院院長就任
  • 日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

アイシークリニック
診療予約・お問い合わせ

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き


カテゴリーから症例紹介を探す

関連する粉瘤の他の手術症例



アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院
お電話での予約はこちらから
トップへ戻る