粉瘤・アテロームの手術症例(眉付近・20代男性・2016/10/27)

眉付近にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

眉の近くの気になるしこり、粉瘤でした

20代男性の患者様。

眉あたりにできたしこりが気になりご来院されました。

少し赤く炎症を起こしているようでした。

診察したところ、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(眉付近・20代男性・20161027)1

粉瘤は、ニキビやその他のおできと間違われることが多々あります。
しかし、ニキビなどと違って自然に治ることはなく、手術にて摘出する必要があります。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

初めは痛みなどはないため、そのままにされてしまうことも多いのですが、放置していると次第に大きくなり、痛みを伴う炎症を起こす場合もあります。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

特に顔の手術の場合、傷跡が気になるため手術に抵抗がある方が少なくありません。

しかし、アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくくきれいに治る手術法を採用しております。
また、不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきますので、安心してお任せください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

当院の粉瘤手術の流れ

当院では、粉瘤の治療では、「くりぬき法」という摘出法で手術をさせていただいております。
「くり抜き法」は切開法よりも傷が小さく短期間で治すことができるためです。

くり抜き法の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

当院は粉瘤治療を専門行っており、見た目の気になる部分の手術の経験も豊富です。

気になる部分についてはしっかりご説明させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

傷を最小化するくり抜き法による粉瘤手術

手術では、まず局所麻酔を行います。

極細の麻酔針を使用しておりますので、痛みはわずかです。
また、手術中の痛みもありませんので、安心してください。

次に、トレバンという特殊な器具を用いて穴を開けた後、粉瘤を取り出します。

トレバンは下の写真の緑色の器具です。

粉瘤・アテロームの手術症例(眉付近・20代男性・20161027)2

取り残しがあると再発の危険があるため、細心の注意を払い粉瘤を摘出いたします。

下は摘出手術後の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(眉付近・20代男性・20161027)3

傷跡も小さく済みますので、縫合の必要もありませんでした。

ガーゼを当てて手術は終了となります。

手術当日からシャワーが可能 〜術後の流れ〜

粉瘤摘出後は、ガーゼを当てて終了となります。

なお、手術当日もシャワーは可能です。

傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立ててやさしく洗ってください。

一週間ほどで傷跡もきれいになっていきます。

アイシークリニック新宿院では手術後の経過をみるため約1週間後に再度受診していただいております

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院へ

粉瘤でお困りの方は是非一度ご相談ください。

当院は新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されております。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

アイシークリニック新宿院のスタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る