粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・2016/10/21)

耳裏にできた粉瘤の手術治療(くりぬき法)を行いました。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

耳裏にポッコリできた粉瘤

40代の男性患者様。耳の裏にポッコリと大きく膨らみ、赤く腫れている状態でした。

痛みもかなり出てきているとのことでした。

はじめはニキビかと思っていたため、しばらくそのままにしてしまったそうです。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・20161021)1

今回の患者様のように、粉瘤はニキビとよく間違えられます。

ニキビと粉瘤の違いについて詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

しかし、粉瘤の場合放置していても治ることはなく、手術での治療が必要です。

詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

また、粉瘤は良性の皮膚腫瘍ですが、いつの間にか大きくなっていることがあります。

そのままにしておくと細菌が入り、患者様のように炎症を起こし痛みを伴うこともあります。

炎症が起きた粉瘤についてはこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは

気になる症状がある場合はお早めに受診されることをお勧めします。

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

当院では原則日帰り手術を行なっています。

その他当院のこだわりについてはこちら:アイシークリニックとは

傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しておりますので、不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤手術の流れ〜くりぬき法による手術〜

当院では「くり抜き法」と呼ばれる手術方法を採用しています。

くりぬき法は創部が小さいので、傷跡も小さく目立たないとうメリットがあり、特に顔や首など外観の気になる部分にも最適です。

くり抜き法について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

当院の粉瘤手術の概略は以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

詳しく見ていきましょう。

はじめに局所麻酔を行ってから手術に入ります。

極細の針を使用しておりますので、顔や耳など麻酔に不安を感じるような部位でも安心して受けていただけます。

もちろん手術中の痛みもありません。

麻酔の効きを確認してから、トレバンという円形のメスを用いて、粉瘤がある皮膚に小さな穴を開けます。

粉瘤が出てきますので、手やピンセットを使って全て取り除きます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・40代男性・20161021)2

術後のケアも万全な粉瘤手術

上記の写真のように、ピンセットが入る程度の創部で、傷跡も小さく済みました。

縫合の必要はなく、ガーゼを当てて手術は終了です。

手術当日からシャワーは可能ですが、なるべく患部を濡らさないようにしてください。

術後2〜4週間程度で傷跡もきれいになっていきます。

患者様も大変ご満足頂いておりました。

その他耳にできた粉瘤の症例はこちらからご覧いただけます:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

今回のような耳の裏をはじめとした、顔や首などの治療が難しい箇所にできた粉瘤も、傷跡を最小限にする「くり抜き法」で治療が可能です。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は、是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る