粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代女性・2016/10/19)

顔の頬できた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

頬にできたニキビのような粉瘤

今回ご来院されたのは、30代の女性の患者様です。

頬の部分にニキビのようなものがあり治らないとご相談に来られました。

少し盛り上がり、黒ずんできていました。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代女性・20161019)1

診察の結果、粉瘤でした。

一見、ニキビのようにも思えます。しかし粉瘤の場合、自然治癒することはありません。

的確な治療が必要となりますので、気になる症状がありましたらお早めにご相談いただくことをお勧めいたします。

ニキビと粉瘤の違いについて詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

顔面の手術も美しく行うアイシークリニック

顔の手術の場合、手術を躊躇されたり、不安に思われる患者様が多くおられます。

こちらの患者様も同様に術後の傷跡がどのくらい目立たなくなるか、とても心配されてました。

しかし、日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っている、粉瘤に力を入れているクリニック。

顔など、似たような症例や、傷跡の状態をご説明させていただき、安心して手術を受けていただくことができました。

※詳しくはこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

少しでも疑問や不安がある場合は、経験豊富な医師がしっかりと説明させていただいておりますので、ぜひご相談ください

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

顔にできた粉瘤、きれいにしたい!手術の流れは?

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなく、くりぬき法を採用することにより、患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療を行っております。

くり抜き法の場合、傷跡も小さくきれいに仕上がるというメリットがあります。

※くり抜き法について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

今回も局所麻酔をした上でくり抜き法を行いました。

麻酔時の痛みも最小限で済むように工夫させていただいております。

手術はトレパンという特殊器具を用いて行います。

トレパンによる切開の後、粉瘤の袋から角質を取り除きます。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代女性・20161019)2

人目が気になる顔の傷もとても、ピンセットの先が入る程度と小さく済んでいることが分かります。

傷跡も小さいので縫合の必要もありません。

ガーゼを当てて手術は終了です。

術後の傷痕も最小限に

粉瘤というのは手術的にお取りするものなので、残念ながら全く傷が残らないということはありえませんが、傷跡がもっとも目立たない方法をご提案しております。

通例、数週間ほどをかけ、徐々に傷痕はなじむことが予想されます。

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックでは患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る