粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・2016/10/19)

頬にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

ニキビと勘違いしやすい粉瘤

20代男性患者様。初めはニキビかと思っていましたが、なかなか治らないため受診されました。

※ご参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・20161019)1

粉瘤は自然には治りませんし、放置しておくと炎症を起こします。

※炎症を起こした粉瘤について:炎症性(化膿性)粉瘤とは

気が付いた段階での早期治療が大切な症状です。

また一度できてしまった場合には、投薬では根治することができず手術で摘出するしかありません。

※粉瘤治療について:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療はアイシークリニック

粉瘤の治療において長い間問題となっていたのが、再発でした。
外科手術を行っても嚢腫が皮内に残ることがあったからです。

しかしアイシークリニックでは、くり抜き法と呼ばれる特に再発率が低い手法を採用しています。

この結果、粉瘤の状態にかかわらず傷跡を残さない手術を日帰りで行うことが可能となっています。

※当院の特長について:アイシークリニックとは

なかなか治らないニキビや痛みを伴うできものにお悩みのお方、まずは一度ご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による手術で、再発を出来る限り防止

治療の流れは以下の通りです。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※ご参考:粉瘤(アテローム)手術について

手術においてはまず、局所麻酔を行います。

極細の針を用いた局所麻酔で行いますので、痛みも最小限。

麻酔がきちんと効いていることを確認して、手術に入ります。

次に、トレパンという器具を使い、患部に差し込み穴を開けます。これはなかなか細かい技術を要する手術です。

トレパンを引き抜き、手で絞り出すと粉瘤が出てきました。丁寧に取り除きます。

今回の傷口は大変小さくすることができたので、縫い合わせる必要はありません。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・20代男性・20161019)2

最後にガーゼを貼ります。

手術後2~4週間ほどで傷跡も目立たなくなりました。

患者様からお喜びの言葉をいただき、私共も大変嬉しく思っています。

粉瘤治療はアイシークリニック

以上のようにアイシークリニックでは、くり抜き法によって粉瘤の再発防止に努めています。

その結果多くのお客様からご支持をいただいております。

東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。
また先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいました。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る