粉瘤・アテロームの手術症例(眉尻・20代男性・2016/10/16)

眉尻にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

見た目にも悪影響…眉尻にできた粉瘤の治療

20代男性の患者様です。

眉の尻にできたニキビのようなものが治らずご相談に来られました。

近くの皮膚科で「粉瘤」と診断されたようですが、手術は行っておらず困っていたところ当院のHPをご覧になったそうです。

※ご参考:粉瘤治療の診療科

粉瘤・アテロームの手術症例(眉の横・20代男性・20161016)1

粉瘤は良性の腫瘍ですが、ニキビとは違い自然と治ることはなく、手術にて摘出する必要があります

時間がたつと患者様のように少しずつ大きくなり、炎症をおこすこともあります。

気になる症状がある場合は、早めの来院をお勧めいたします。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違えることも

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

顔はニキビができやすい箇所でもありますので、よく間違えられます。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法という粉瘤治療

当院では粉瘤の治療を切開法ではなく、「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術です。

手術の流れは以下のようになっています

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しい手術の流れはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

痛くない麻酔手術

まずは、部分麻酔注射をします。

患者様の多くは、注射の痛みに不安を感じていらっしゃいます。

アイシークリニック新宿院では、患者様のご負担を極力軽減できるよう、様々な工夫をしております。

麻酔注射については、極細の針を使用しているため、強い痛みは感じません。

あっという間に終わりますので、どうぞご安心ください。

麻酔がしっかり効いていることを確認したら、粉瘤を取り除く工程へと移ります。

粉瘤・アテロームの手術症例(眉の横・20代男性・20161016)2

傷跡が気になる部分でも安心の当院の粉瘤手術

手術は専用のトレバンという器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。

切開したあと、ピンセットにて取り残しの内容に慎重に粉瘤を取り出していきます。

下は粉瘤を「くりぬき法」で摘出したあとの写真です。

盛り上がっていた粉瘤もご覧のとおりきれいに取り除くことができました。

粉瘤・アテロームの手術症例(眉の横・20代男性・20161016)3

なお、術後の傷跡も小さいので、患者様は縫合の必要もありませんでした。
※ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

ガーゼを当てて終了となります。

シャワーは当日から可能です。患部を清潔に保つために優しく洗ってください。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多く行っております。

顔や耳など治療が難しい箇所にできた粉瘤も傷跡を最小限にする方法で治療ができます。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る