粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・2016/10/16)

頬にできた粉瘤治療についてご紹介します。

画像を交えて、ご来院〜手術内容〜術後ケアまで詳細にわかりやすく解説致します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

ニキビと勘違いしていた頰の粉瘤

今回ご来院されたのは、30代男性の患者様。

お悩みの部分は、頬にできたニキビのようなもの。

診察の結果、「粉瘤」とわかりました。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・20161016)1

粉瘤に関するよくある間違い

粉瘤の治療でご来院される方には炎症が起きるまで放置してしまう方が少なくありません。

なぜ放置をしてしまいがちなのでしょうか。

粉瘤をニキビと間違える

はじめはニキビだと思っていたが実は粉瘤でしたというケースはよくあります

特に今回のように頰にできてしまう場合は粉瘤だと気づかず、長く放置してしまうケースも珍しくありません。

なかなか治らないニキビがある場合は一度粉瘤を疑ってみてください。

※詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自然に治る!?

粉瘤の場合は自然治癒しないため、いつまでたっても治らないニキビがあるようでしたら、一度診察を受けていただくことをお勧めいたします。

粉瘤は手術で摘出しない限りは絶対に治ることはありません。

症状が進んで粉瘤が大きくなってしまうと、それだけ、手術の際の傷跡も大きくなるので、顔などのデリケートな部分は特に気をつけてください。

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

粉瘤手術はアイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、出来るだけきれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

頰にできた粉瘤をきれいに取りたい

「くり抜き法」を用いて負担の少ない手術を実現

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなく、くりぬき法を採用することにより、患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療を行っております

今回も局所麻酔をした上でトレパンという特殊器具を用いてくり抜き法を行いました。

短時間で傷跡も小さく患者様にとって安心して受けていただいております。

写真はトレパンによる切開の後、粉瘤の袋から角質が出てくるところです。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・20161016)2

粉瘤の治療法に関して詳しく知りたい

術後の傷痕もきれいに

人目が気になる顔の傷もとても小さく済んでいることが分かります。

傷跡が小さいため、縫合の必要はなく、ワセリンを塗り、防水シートを貼って帰宅していただけます。

術後1-2週間で傷痕がほとんどわからなくなるケースがほとんどです。

当院は術後の跡が目立たないように手術をすることにこだわっています。

こちらの患者様も再診にご来院された際には、傷痕もすっかり治り、安心して帰宅されました。

アイシークリニックについて

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックが行う「くり抜き法」による粉瘤治療は、全国の患者様から支持されており、手術実績も非常に多く積みあがってまいりました。

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

今回のようなひじをはじめとした、顔や首などの治療が難しい箇所にできた粉瘤も、傷跡を最小限にする「くり抜き法」で治療が可能です。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は、是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る