粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・2016/10/16)

頬にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

頬にできた粉瘤

今回は40代の男性患者様の治療を担当いたしました。

頬に小さなニキビのようなものができたため、気になりご来院されました。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・20161016)1

粉瘤はいつの間にか大きくなり、自然に消失することはないので手術で摘出する必要があります

粉瘤は良性の腫瘍ですが、一度細菌が入ると、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。

粉瘤(アテローム)の治療法

炎症性(化膿性)粉瘤とは

頬の手術、傷跡に配慮するならアイシークリニック

顔の手術となると、傷跡の心配などもあり躊躇させれる方も多くいらっしゃいますが、当院では手術経験が多数ございますので、安心して手術を受けていただいております

不安な点などありましたら、しっかりと医師よりご説明させていただいておりますので、遠慮なくお話しいただけたらと思います。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

術後のケアも万全な粉瘤治療の流れ

当院では粉瘤手術を「くりぬき法」と呼ばれる手法で行っています。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

それでは詳しく見ていきましょう。

まずは局所麻酔を行い、麻酔がしっかり効いていることを確認して手術に入ります。

トレパンという特殊な器具を用いて手術を行います。

傷跡も小さく済み、術後の回復も早いというメリットがあります

トレパンにて切開後、ピンセットで粉瘤を取り出していきます。

取り残しのないように、慎重に行っていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・40代男性・20161016)2

写真のようにピンセットの先が入る程度と非常に小さい傷跡になっていることがわかると思います。

今回も小さな傷跡でしたので、縫合はしておりません。

ガーゼを当てて手術は終了となります。

術後1週間をめどに再度ご来院いただき、術後経過をチェックさせていただきます。

※その他顔まわりの豊富な症例はこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニックへ

アイシークリニックの医師は、数多くの粉瘤手術を行い、研鑽を積んでまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る