粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・50代男性・2016/10/14)

今回は耳たぶにできた粉瘤の症例をご紹介いたします。

記事の作成にご協力いただいた患者さまに心よりお礼申し上げます。

耳たぶにできたしこりは…粉瘤でした

50代男性の患者様。

耳にできたしこりがなかなか治らないとご相談にいらっしゃいました。

粉瘤でお悩みの方で「最初はオデキニキビかと思った。」と話される方が多くいらっしゃいます。

特に耳をはじめとした、顔や首などにできるとそのように考える方が多いようです。

※首にできた粉瘤の症例はこちら:首にできた粉瘤手術【症例画像】

下の写真は治療前の粉瘤です。

皮膚が少し膨隆しているのがわかりますね。これが粉瘤です。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・50代男性・20161014)1

粉瘤とは?

粉瘤は表皮腫瘍の一種。

自覚症状の多くは、皮膚にしこりのようなものが触れるという症状です。

粉瘤は皮膚の下にある、嚢胞に老廃物がたまることで起こります。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤はニキビのように自然に治癒することはなく、手術で摘出することが必要です。

そのうち治るかもと思ってそのままにしておくと、次第に大きくなっていき、炎症をおこしてしまう場合もあります。

気になる症状がある場合は、ぜひ早めの受診をお勧めいたします。

耳たぶにできた粉瘤手術の経過

当院では、可能な限り傷跡を最小限にするため、「くりぬき法」という方法で粉瘤を摘出していきます。

この「くりぬき法」は皮膚を切開しないため、早期治癒ができるメリットのほかに、傷痕を目立たなくすることが可能なのです。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

まずは、局所麻酔を行います。

極細の麻酔針を使用しておりますので、麻酔時の痛みもわずかです

麻酔がしっかりと効いていることを確認させていただき、手術に入ります。

トレパンという特殊な器具を用いて切開していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・50代男性・20161014)2

上の写真の緑色の器具がトレパンになります。

切開後は、ピンセット使い粉瘤を取り出していきます。

取り残しがあると、再発の原因にもなるため、丁寧に慎重に行っていきます。

くりぬき法による、傷痕を最小化する粉瘤手術

下の写真は手術終了直後のものです。

粉瘤のしこりも全くないことが見てわかります。

皮膚を切開しない「くりぬき法」で摘出したため、傷跡も小さく手術を終えることができます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・50代男性・20161014)3

縫合の必要もないため、ガーゼを当てて終了となります。

手術自体は15分程度で終わりますのでなかなか時間が取れない方でもスムーズに手術を受けていただけます。

手術当日からシャワーも可能です。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳たぶ・50代男性・20161014)4

約1週間後に再度、傷跡のチェックで来院していただきます。

写真はその時のものですが、ご覧のように傷跡がさらに目立たなくなっています。

患者様も喜ばれておりました。

※その他顔まわりの手術症例についてはこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックは日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っています。

治療に関してご不安なことがあれば何でもご相談ください。

私たちが責任を持って対応させていただきます。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る