粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・20代女性・2016/10/12)

耳裏にできた粉瘤治療について、画像を交えてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

耳裏にできた粉瘤治療

今回は20代女性の患者様の治療を担当いたしました。

耳の裏側にできた小さなしこりに気がついていたそうですが、しばらくそのままにされていたそうです。

いつまでたっても治らないので、不安に思い受診されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・20代女性・20161012)1

粉瘤は自然に治ることはありません。

また、粉瘤はいつの間にか大きくなり、炎症をおこす場合もあります

手術で摘出する必要があるため、気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めします。

顔や首など、見た目が気になる場所の手術の場合、手術自体を躊躇されたり、不安に思うことが多くあります。

当院では数多くの粉瘤の手術を行っているため、患者様の疑問や不安にしっかりと答えたうえで手術を進めております

※詳しくはこちら:アイシークリニックとは

※粉瘤の治療法についてはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

粉瘤について基礎的な知識が書かれているページはこちら:粉瘤(アテローム)とは

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

ぜひ安心して治療を行っていただければと思います。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

当院ではくり抜き法という手法を用いて手術を行っております。

トレバンという特殊器具を用いて行います。

くり抜き法は切開法にくらべ、傷跡が小さく患者様の負担も少ないというメリットがあります。

くり抜き法の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

詳しくはこちらのページをご覧ください:粉瘤(アテローム)手術について

粉瘤手術は、まず局所麻酔から始まります。

注射が苦手な方もいらっしゃいますが、ご安心ください。

当院では極細の針を使用しているため、痛みに配慮した注射となっております。

麻酔が効いていることを確認したのち、トレバンにて切開します。

出てきた粉瘤を手とピンセットにて粉瘤を摘出していきます。

粉瘤の再発リスクを限りなく0に近づけるため、取り残しのないように慎重に行っていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・20代女性・20161012)2

上の写真から、傷跡が小さく済んでいるのがわかるかと思います。

縫合の必要もないので、すべて取り除いた後は、ガーゼを当てて手術は終了となります。

術後のケアも万全な粉瘤治療

手術当日からシャワー浴も可能で、傷は2〜4週間もすると目立たなくなります。

手術後の痛みもほとんど感じません。

傷跡が目立たないという点、当院には患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。私共も大変嬉しく思います。

豊富な顔周りの治療について詳しくはこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療は、手術実績多数のアイシークリニック新宿院へ

新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。

先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る