粉瘤・アテロームの手術症例(左顎・30代男性・2016/10/12)

顔の左顎付近にできた粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)の手術を行いました。

粉瘤の診断〜手術、術後の様子まで画像を交えて解説いたします。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

左顎にできた粉瘤の治療

30代男性、顎のあたりにできたしこりがなかなか治らず気になり受診されたそうです。

「ニキビだと思っていた」とのことでしたが、診察の結果、粉瘤でした。

やはり顔にできた粉瘤は、ほとんど方が最初はニキビと勘違いされます。(参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自然に治らないため、しばらく経つと気になり受診されますが、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。(※粉瘤瘤について詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)とは

また、顔の手術となると、傷跡が気になり躊躇されるかたもいらっしゃいます。
「抗生物質を処方された」「市販薬で治った」などお声をいただくこともありますが、残念ながら粉瘤は手術にて摘出しない限り治りません

しかしどうぞご安心ください。
当院では、傷跡が目立ちにくくきれいに治る手術法を採用しており、不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法という粉瘤治療

当院では粉瘤の治療を切開法ではなく、「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。
「くりぬき法」は切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術。(※参考:粉瘤(アテローム)手術について

以下にくり抜き法の流れを示します。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

手術前に局所麻酔を使用することで痛みをまったく感じることなく手術を終えることができます。
針を刺す瞬間はちくっと感じることもありますが、当院では極細の針を使用していますので痛みはほとんどありません。

麻酔がしっかりきいていることを確認して次の段階に移ります。

傷跡が気になる部分でも安心「くりぬき法」を用いた当院の粉瘤手術

手術は専用のトレバンという器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。

トレバンは円形のメスで、下の写真のように緑色の器具です。

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・30代男性・20161012)1

トレバンを引き抜くと、中から粉瘤が出てきますので、手やピンセットで粉瘤を取り出していきます。

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性を持っているので慎重に手術を行っていきます

全ての粉瘤を取り除いた後はぽっかりと穴が空いた幹部が残ります(写真下図)。

術後の傷跡も小さいので、患者様は縫合の必要もありませんでした。

ただし、症状や摘出した位置によっては縫合させていただくこともあります。

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・30代男性・20161012)2

このあとは、ガーゼを当てて終了となります。

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

なお、手術当日からシャワーは可能ですが、患部を清潔に保てるよう優しく洗ってください。

短時間の手術を可能にする当院の高い技術力

アイシークリニック新宿院における、粉瘤の手術時間は長くても30分ほど。

もちろん手術を疎かにすることは決していたしません。

この時間で手術ができるのは、多くの手術実績があり、創意工夫をさせていただいているからです。

※豊富な顔周りの症例はこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多く行っております。

顔や耳など治療が難しい箇所にできた粉瘤も傷跡を最小限にする方法で治療ができます。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る