粉瘤・アテロームの手術症例(耳横・40代男性・2016/10/11)

今回はもみあげ付近にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

もみあげ付近の炎症性粉瘤発見!

40代男性。耳のそばの小さなしこりに気が付いていたそうですが、そのうち治ると思いそのままにしていたところ赤くなり痛みが出てきたそうです。

顔周辺にできたしこりは、ニキビと間違えることも多く、そのため、気が付いた時には症状が進行していることが多々あります。

※粉瘤とニキビの違いについて詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤・アテロームの手術症例(耳横・40代男性・20161011)1

アイシークリニック新宿院では問診・視診・触診のあと、エコーで診断を行いますが、患者様の場合、診察したところ間違いなく粉瘤であることが判明。

当医より手術について詳しく説明したあと、ご希望にそって手術を行うことになりました。

粉瘤は早期治療が肝心

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然に治るものではありません。

また、早期に摘出手術を行わないとだんだんと大きくなり炎症を起こします。(今回ご紹介の患者様の場合も、炎症を起こしてしまっている例です。)

粉瘤の状態はもちろんのこと、治療の方法や治療料金にも影響を及ぼす可能性もございますので、早期発見・治療を行うことが重要です。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

炎症性粉瘤の手術の流れ

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っており、原則として「くりぬき法」という手術法でで粉瘤を摘出しています。

くり抜き法は、従来の切開法と比べて傷が小さくすみ、短期間で治癒すると言われてます。

※くりぬき法について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

極細の注射針で、痛みのない麻酔が可能

くり抜き法による手術では、まず部分麻酔注射をします。

麻酔をすることにより、手術中の痛みは感じません。

顔などへの注射自体に不安を感じる患者様も多くいらっしゃいますが、当院では極細の注射針を使用しているため、痛みも最小限です。

安心して手術を受けていただける体制を整えております。

麻酔はすぐに効き目を表しますので、患者様と効き目について確認をしっかりした後に、次の工程へ進みます。

くり抜き法による粉瘤手術で傷痕も最小化

続いて、いよいよ粉瘤治療に移ります。

トレパンという特殊な器具を用いて切開します。

写真の緑色の器具がトレパンになります。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳横・40代男性・20161011)2

切開した後、ピンセットにて粉瘤を取り出します。

取り残しがあると再発してしまうこともあるため、丁寧にしっかりと取り除いていきます。

粉瘤除去が完了すると、最後にガーゼを当てて手術は終了です。

傷跡が小さいため、縫合は必要ありません。

通常2〜4週間ほどで、徐々に創部は塞がり、綺麗に治ってきています。

※その他顔まわりの手術症例はこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

炎症性粉瘤の治療もアイシークリニックへ

一般的には、炎症性粉瘤の手術は、まずは炎症を抑える治療が優先されますが、当院では炎症性粉瘤でも即日・日帰り手術が基本です。(理由はこちら

患者様へのご負担を最小限に抑えるべく、当院は日々研鑽を重ねております。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る