粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・2016/10/10)

粉瘤治療について詳しくご紹介をさせていただいております。

画像を交えて、ご来院〜手術内容〜術後のケアまでを分かりやすく紹介いたします。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

耳の中にできたしこりのような粉瘤

30代の男性患者様。耳の中に気になるしこりがあるということでご来院されました。

パッと見た感じではわかりにくい部分ですが、確かにしこりのようなものがありました。

初めは小さくほとんど気にならないくらいでしたが、次第に大きくなってきたため受診。

診察の結果は粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・20161010)1

粉瘤は自然には治らないため、摘出手術が必要です。

アイシークリニックでは日本形成外科学会形成外科専門医らが連携して手術を行っており、このような難しい場所でも、患者様のご要望をお聞きしたうえで柔軟に対応することが可能です。

痛みが少ない粉瘤治療を提供するアイシークリニック

粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、幅広い手術方法から日本形成外科学会形成外科専門医のもと最適な方法を選択し、痛みが少ない治療を目指します。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

耳の中のしこりのような粉瘤の摘出手術、開始

手術は局所麻酔で行います。

麻酔針も極細のものを使用しているため、麻酔時の痛みもわずかです。

もちろん手術中も痛みを全く感じることはありません。

さて、粉瘤の治療方法には切開法とくり抜き法があります。

くり抜き法の場合、患者様の負担も少なく、傷跡も小さくすむというメリットがあります。

くり抜き法では、写真のように専用の「トレパン」という器具を使用します。

粉瘤の状態・大きさによって医師が判断し切開法かくりぬき法を選択します。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・20161010)2

穴をあけた後は、ピンセットにて丁寧に粉瘤を取り出します。

取り残しのないように、慎重に行います。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳・30代男性・20161010)3

写真を見ていただけるとわかるように、術後の傷跡もかなり小さく済みました。

縫合の必要はなかったので、ワセリンを塗り防水シートを貼って終了。

手術後はその日からシャワーに入ることが可能です。

手術後は1週間後に再度受診していただき傷の経過を見ます。

以上のように、当院では「くりぬき法」という粉瘤の手術方法を取り入れ、目立ちにくい手術跡を目指します。

顔や首など目立つ部位の手術でも安心して受けていただいております。

※その他、粉瘤の治療法に関して詳しくはこちら

難しい部位の粉瘤治療はアイシークリニック

当院は、日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っています。

本症例のような耳にできたしこりにお悩みの方はもちろん、傷跡を目立たせたくない方、炎症を起こして痛みが伴っている方など、当院ではどのような粉瘤にもご対応できるかと思います。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る